人気ブログランキング | 話題のタグを見る

NBCチャプター北兵庫2008年最終戦レポート

北兵庫チャプター最終戦釣行レポート
NBCチャプター北兵庫2008年最終戦レポート_c0123385_17482870.jpg

北兵庫チャプター最終戦に参加してきました。前週にJBウエスタン戦が開催されており、その時から岬周りがいいことと、バスは浮き気味だということが分かっていた。前日のプラクティスでは、寝坊をしてしまい昼からの3時間のみだったため、岬のみをチェックしただけで終わってしまった。プラでは、中流のカーブミラー対岸の岬(6~7mライン)と法道谷出口(8~9mライン)で反応が良かった。ただ、法道谷出口は明らかに魚は浮いている感じでフォール中やピックアップ中に食ってくるといった感じでやりきれる自信はなかった。チャプター当日は、どちらにいくか迷ったのだが、法道谷出口はやはりやりきれる自信がなく、朝一は中流の岬に入ることにした。前日と同じように6~7mラインを3インチエコサターンにマドネス・フィッシュフォーミュラ・モエビを大量にふりかけたDSで岬にある岩を意識してズル引いたが全然反応もなく、ギルもバイトしてこない。魚探にベイトは映っていたため、絶対にバスはいると信じレンジだけ少し浅く4mに変えてやるとすぐにバイトしてきた。そこから約1時間半また沈黙が続きやっと2本目がバイト。(同じく3インチエコサターン+マドネス・フィッシュフォーミュラ・モエビ)そこからまたまた2時間の沈黙が続き対岸のカーブミラー下に移動しようかとドラッキングぎみに沖へ流していくと待望の3本目がヒット。3本で約800グラム。入れ替えを求めて法道谷出口に移動してすぐに4本目がバイトしてきたのだが、まさかの合わせ切れ。集中力も途切れてしまい、そのまま帰着となりました。お立ち絶対は無理だと思っていたのだが、他の選手もあまり釣れておらず、まさかまさかの第4位。年間成績も一つ上がって第4位。今年はチャプター戦が全戦エコだったのですが、自信が持てないエコワームをマドネス・フィッシュフォーミュラー・モエビが臭くカバーしてくれ3回もお立ちに上がることができました。この後、まだオール兵庫や近畿ブロックと続くのですが上位に上がれるよう頑張ります。
NBCチャプター北兵庫2008年最終戦レポート_c0123385_17493374.jpg

NBCチャプター北兵庫2008年最終戦レポート_c0123385_17495031.jpg

# by madpro | 2009-05-04 17:50 | 児島隆二

今年初の風屋ダム!マザーワーム インセントチューンでキロアップ連発!

今回はいつものトーナメントレイクではなく、今年初の風屋ダムへ行って来ましたので報告させて頂きます。

今年初の風屋ダムということで事前情報が全くなかったので、まずはレンタルボート屋さんで最近の釣果を聞くと下流での釣果が良く、デカイのは難しいが数は上がっているとのこと。
早速ボートを降ろし、アドバイスどおり下流へ行き、定番の放水口からスタートしました。
まずはビックベイトでサーチしたのですが、全くノー感じなので、流れのよれにスピナーベイトを通すと本日1本目の30cm弱のバスが釣れました。
引き続き下流へ向いて流していくと立ち木に40UPのバスがサスペンドしているのを発見!!
マザーワーム4インチ(スカッパノン)にヘアリーピッグを装着し、水面をピクピクさせると、スーと寄って来てパクリ!
今年初の風屋ダム!マザーワーム インセントチューンでキロアップ連発!_c0123385_14465827.jpg

上がってきたのは45㎝(1100g)と長さはあるものの回復前の魚なのか少し痩せてました。
今年初の風屋ダム!マザーワーム インセントチューンでキロアップ連発!_c0123385_14455522.jpg

その後、放水口より少し上流の流れ込みでまたも40UPを発見!!
今度もマザーワーム4インチ(スカッパノン)にヘアリーピッグを装着し、水面をピクピクさせると一発でバイト!
またも45cm(1300g)のナイスなバスでした。
今年初の風屋ダム!マザーワーム インセントチューンでキロアップ連発!_c0123385_14461576.jpg

下流から上流へ流しながらクランクやスピナーベイトを巻いているとコンスタントに25~30cmまでのバスが面白いように釣れ、午前中だけで余裕の2桁釣果!!
昼からはサイトでスーパービッグ狙いに絞り中流域を流していると、遂に発見50UP!!
ここでもマザーワームの水面ピクピクで攻めるも最初にキスバイトがあった後は反応が悪くなり、ノーシンカーやジグヘッドワッキーをローテンションするも無反応で全く釣れる気配がありませんでした。
少し時間を置き、マザーワーム3インチ(プロトカラー)のネコリグを表層付近にミドストさせると遂にバイト!
苦労して釣り上げたのは51センチ(1700g)のビッグバスでした。
今年初の風屋ダム!マザーワーム インセントチューンでキロアップ連発!_c0123385_14463816.jpg

その後は子バスと少し遊んで、終了。
今年初の風屋ダムはビッグサイズからミドルサイズまで釣ることができ、今日は楽しい釣りが出来ました~!

タックルデーター1
ロッド:6.2ft 
ライン:フロロ4lb
フック:odzロクヨンショット4
ルアー:MADNESSマザーワーム4インチ(スカッパンノン)+odzヘアリーピッグ
# by madpro | 2008-09-30 14:48 | 谷口 聡

谷口聡プロ JBウエスタン津風呂湖第3戦 4位入賞レポート

谷口聡プロ JBウエスタン津風呂湖第3戦 4位入賞レポート_c0123385_18534215.jpg

JB津風呂湖第3戦に参戦しなんとか今季初の表彰台 4位入賞できましたので報告します。

今回は前日プラでスピナーベイトとミノーの高速巻きでビッグフィッシュパターンを見付けていました。
3本で3キロ、その他も500g前後のキーパーが取れてました。
しかし、気がかりなのは天気で前日は雨だったので、おそらくプレッシャーもそんなにかかってなかったと思います。

大会当日の天気は晴れで、巻き物のパターンは朝一しかないと思い、朝からミノーを引き倒しました。
そして1キロ弱のバスのチェイスがあったのですが、ルアーを弾かれて・・・
気を取り直して前日プラで良い感触を掴んでいた岩盤エリアで待望のキロフィッシュをかけたのですが、ボート際でバラシ・・・

この時点で完全に心が折れてしまい、とりあえずキーパー狙いにシフト。
プラで掴んでいたキーパー場は船団が出来ていたので、同じシチュエーションの岩盤&レイダウンをランガンし、
11時の時点でキーパー2本で約500gでした。
このままでは勝てないと思い、再度巻き物勝負に出たのですが、天気がピーカンで巻き物に出る気配は無し。

バスのレンジが下がってると判断し、巻き物を諦め、フィッシュフォーミラーモエビを振りかけたストレートワームのジグヘッドワッキーにチェンジ。
狙いは日陰&岩盤&レイダウン。
そして残り時間30分でキッカーをゲットし、1本の入れ替えにも成功。
結果は3本で1296gで4位でした。
残り後1戦、優勝目指して頑張ります!!
谷口聡プロ JBウエスタン津風呂湖第3戦 4位入賞レポート_c0123385_18541233.jpg

# by madpro | 2008-09-20 18:55 | 谷口 聡

ジャパンスーパーバスクラシック2008入賞レポート

ジャパンスーパーバスクラシック2008入賞レポート_c0123385_1048669.jpg

4月11日(土)、12日(日)に山梨県 河口湖で行われました「ジャパンスーパーバスクラシック2008」に参戦し、15位に入賞することが出来ましたので報告します。

 この大会は昨年全国各地で開催されたJB・NBCトーナメントに於いて年間成績が上位の選手のみに参加資格が与えられる大会で、JBTOP50の選手はもちろん全国から強者が河口湖へ集まり2日間真剣勝負を行います。

(大会前日)
 事前情報では3月末に4箇所で合計1トンの放流が行われたとあり、戦略的には放流場所から散ったバスを探しつつ、個体の大きいネイティブバスを獲ることで上位に入れるだろうと予想することが出来ました。
 まずは放流場所の一つである「さかなやワンド」周辺へ向かいシャローの溶岩帯エリアをシャッドで流しましたが思うようにバイトが得られず、次に4lbラインに自作のスモールラバージグをセットしてミドストさせると微かに重量感を感じてフッキング!キャッチしたのは30㎝に届かない魚であるにも拘わらず800gと超メタボな放流バス。その後も時間いっぱいまで他の放流場所をチェックしてプラクティスを終了しました。

(大会初日)
 
ジャパンスーパーバスクラシック2008入賞レポート_c0123385_1048309.jpg

ジャパンスーパーバスクラシック2008入賞レポート_c0123385_10592415.jpg

 大会当日、天気は晴。スタートはファーストフライト。まず前日反応の良かった「グラブワンド」へ入りました。溶岩帯に付いているバスをサイトで狙い始めるとすぐに放流メタボバスを発見。3lbラインに現地で購入した実践初投入のポークルアーを1/8ozを使用したダウンショットにリグってキャスト開始。メタボバスの鼻先にルアーを送り込むとすぐにバイト!難なく1本目をキャッチすることが出来ました。しかし人気エリアのためプレッシャーからなのか前日より見えバスが減ってしまいました。それでは作戦変更と溶岩の張り出し部の水深3メートル付近をブラインドで攻めてみることにすると、バスの重量感を感じてフッキング!500gほどの放流バスをキャッチすることに成功しました。このあと反応がなくなったためエリアを変更することにしました。
 次に選んだポイントは前日も魚をキャッチすることが出来た「さかなやワンド」。やはりプレッシャーからなのか前日のように見えるバスは少なくなっており、バスの反応を確認するためISワスプ50を投入。トゥイッチ&ポーズで動かし、そして5秒ほどのポーズを入れている時にラインが走り出したので渾身のフッキング!ネットインに成功したのはこの日最大となる1キロ弱のナイスフィッシュでした。その後もキャストを繰り返しましたがバスをキャッチすることが出来ずに初日は3本で2052g、35位という結果となりました。
ジャパンスーパーバスクラシック2008入賞レポート_c0123385_110924.jpg


(大会2日目)
 最終フライトでしたがこの日も「グラブワンド」にすんなり入ることが出来ました。やはり見えバスの数は少なくなっていたので溶岩のくぼみ一つ一つを丁寧にポークルアーのダウンショットで探ると続けて2本の放流メタボバスをキャッチすることに成功!そして次に溶岩の岬の先端部分へ4lbラインに自作のスモールラバージグをセットしてキャスト。すると「ゴン!ギィー!」とバイトと共にドラグが唸りを上げて今までにない強烈なファイト!何とかネットへ収めることに成功!キャッチしたのは1400g位の待ちに待ったネイティブバス!その後すぐに同場所で1本追加した後、残り1時間余りでリミットメイクを目指し「さかなやワンド」へ移動。溶岩の隙間へポークルアーのダウンショットを滑り込ましてバイトを誘い、立て続けに3本キャッチでリミットメイクに成功!帰着時間が迫ってきたため会場へ戻ることに。
ジャパンスーパーバスクラシック2008入賞レポート_c0123385_1104281.jpg


 二日目のウエイトは7本で4675g!何と二日目単日2位!表彰式ではどこまで捲れたかと期待しましたが15位に入賞することが出来ました!完全にアウェーの河口湖で思うような展開に持って行くことが出来て満足しています。
ジャパンスーパーバスクラシック2008入賞レポート_c0123385_1111438.jpg


 またアマチュア部門ではいつも東条湖でライバルとして戦っている戦友で2007年度NBCオール兵庫チャンピオンカップの覇者黒阪選手が初めての河口湖で初日808g、二日目2956gと完全に攻略して総合4位に入賞しました!
ジャパンスーパーバスクラシック2008入賞レポート_c0123385_112684.jpg

# by madpro | 2008-06-26 11:04 | 松村真樹

MOTHER WORM3+モエビフォミュラーを駆使し!   JB生野銀山湖第1戦 南中一樹プロ 準優勝! 

MOTHER WORM3+モエビフォミュラーを駆使し!   JB生野銀山湖第1戦 南中一樹プロ 準優勝! _c0123385_102731100.jpg

5月11日にJB生野銀山湖シリーズ第一戦に参戦してきました。

一週間前のチャプターのころからようやく銀山湖でもネストを確認する事が出来るようになり、間違いなくネスト勝負になると予想し、前日のプラクティスでキッカーとなるサイズのバスを探す
が、この日は、早朝から雨が降り、雨によってできる波紋、風の影響でシャローのネストの確認のみに終わった。この条件の中、キロフィッシュのバスも確認できたが、そのすべてが、ドシャローの為、他の選手にも簡単に見つけられてしまう。 おそらく当日はフライト順が大きく勝敗を分ける展開になってしまうのではないだろうか・・・

大会当日の朝、フライト抽選の結果、第1フライトの3番となり、前日のプラで反応が良かった下流域のポイントをめざしてスタートすることができたが、ポイントの手前、約50メートルでまさかの失速、雨の影響(湿気)のせいかリアエレキが動かなくなってしまった。
何とかポイントに入る事ができた。前日は、簡単に口を使い、イージーに釣れると思っていたのだが・・・
隣のポイントでは、2匹もバスを抜かれ、時間が経つにつれ気持ちだけがあせりピッチングの精度を欠いて行く。
ここで、大きく深呼吸をし、一息入れ、再度ラバージグに「マドネス フィッシュフォーミュラ モエビ」をスプレーしキャストするとカーブフォールに反応し、フッキングに持ち込む事ができ、無事にネットにおさめる事が出来た。 すこし痩せていたが、明らかにキロを超えるキッカーを手にした。時計を見ると9:45だった。
次に今年も多くのネストをストックしている第1ワンドに向かった。ゆっくりとボートを流していくが、前日あれほどあったネストのバスを発見することが出来ずに第2ワンドへと向かった。岬から20メートルほど入ったところでようやく2匹目となるバスを発見、先ほどと同じように、ラバージグを投入するが、反応が悪い為、ヘビーダウンショット・「マドネス マザーワーム3インチ(ギルカラー)」 + 「マドネス フィッシュフォーミュラ モエビ」をスプレーしネストの真中にキャストしステイさせると一発で食ってきた。フッキングと同時に抜きあげ、350グラムのバスを手にする事が出来た。 リミットメイクとなる3匹目は反対側の岬近くの松の木の根元にいた。 このバスはすでにロックしているような状態でヘビーダウンショット・「マドネス マザーワーム3インチ(ギルカラー)」  「マドネス フィッシュフォーミュラ モエビ」を投入すると着水と同時に食ってきた。一気に抜き揚げキーパースケールに乗せてみると26センチ 250グラムと小さいがなんとかリミットを達成!この時点で11:30、おそらく1800グラム前後と予想するが、優勝ウエイトを2500グラムオーバーと予想していたので、まだまだ入れ替えのチャンスはあると思い、第3ワンド、中流域と探すがどのネストも空き家になっている。前日、チェック
できなかった 湖畔下も探すがネストが無い。最後に桟橋と岸とをつなぐロープ&ブイでバスを発見!入れ替えが可能なサイズである。このバスをラバージグ + 「マドネス フィッシュフォーミュラ モエビ」のカーブフォール&リアクションで口を使わすことに成功し、無事にネットにおさめる事がでた。700グラムと250グラムの入れ替えに成功し、推定2250グラム、すでに時間は13:00を回っていた。その後もネストを探すがタイムアップとなった。
MOTHER WORM3+モエビフォミュラーを駆使し!   JB生野銀山湖第1戦 南中一樹プロ 準優勝! _c0123385_10275370.jpg

MOTHER WORM3+モエビフォミュラーを駆使し!   JB生野銀山湖第1戦 南中一樹プロ 準優勝! _c0123385_10281817.jpg

結果 2,362グラムで 久々のお立ち台の準優勝となりました。開幕戦でいいスタートをきる事ができました。次も外さないよう お立ち台めざしてがんばります。
MOTHER WORM3+モエビフォミュラーを駆使し!   JB生野銀山湖第1戦 南中一樹プロ 準優勝! _c0123385_10283317.jpg


タックル
リグ  : ラバージグ9:53 2008/06/25
リール : ベイト
ライン : フロロ 14lb
ルアー : ラバージグ 1/2oz (白色)
       マドネス フィッシュアトラクテッドフォーミュラー モエビ   
MOTHER WORM3+モエビフォミュラーを駆使し!   JB生野銀山湖第1戦 南中一樹プロ 準優勝! _c0123385_10341847.jpg


タックル
リグ  : ヘビーダウンショット
ロッド : 71H
リール : ベイト
ライン : フロロ 14lb
シンカー: 3/4oz
ルアー : マドネス マザーワーム3インチ(ギルカラー)          マドネス フィッシュアトラクテッドフォーミュラー モエビ   
MOTHER WORM3+モエビフォミュラーを駆使し!   JB生野銀山湖第1戦 南中一樹プロ 準優勝! _c0123385_1034376.jpg

# by madpro | 2008-06-25 10:45 | 南中一樹