児嶋隆二プロ  NBCチャプター北兵庫第2戦 優勝!

c0123385_10215213.jpg


NBCチャプター北兵庫第2戦(兵庫県生野銀山湖)に参加してきました。

今回は、前日プラにも入らず来週のウエスタンプロ第1戦のプラを兼ねて出場しました。
前情報では、数は少ないが、ネスト戦になるであろうと言われており、
下流域の方が上流域に比べてネストの数も多いという情報もあり、
スタートは前から8番目とまあまあよかったので、迷わず下流域に向かった。
先行者が3人おり皆一番下流域の第一ワンドへ向かっていったので、
一番乗りできる第二ワンドに入ることにした。

ワンドの中に入ってすぐに300gくらいのネストがいたので、
早速ラバージグを投入したのだが、反応がもう一つ。ヘビダンやライトリグを投入しても
ダメだったので少し時間を置こうとその近辺に他のネストが無いか探してから入り直すと、
なんとメスのバスがネストに入って来ており、オスと絡み合っていた。
早速ラバージグを投入してからネストにも効果的な
マドネス・フィッシュフォーミュラ・モエビをふりかけたストレートワーム(半分にカット)を投入し
粘ること20分、900gくらいのメスを捕獲することができた。
メスを釣るとオスは非常に簡単なので、5分もしない内に仕留めることができた。
その後またネストを探し第一ワンドへ向かったのですが、第一ワンドはおもいっきり風表で
水の中は全然見えなくなっていた。
風裏になる対岸へ移動すると比較的水の中は見やすかったのですが、
見やすい分他の選手から狙われ空ネストのみになっていた。
風表になっている第一ワンドだったら見落とされているネストがあるのでは?と思い、
もう一度第一ワンドへ向かい今度は丁寧に船を進めながら見ていくと小さいが残っていた。
早速マドネス・フィッシュフォーミュラ・モエビをふりかけたストレートワーム(半分にカット)を
投入し、10分程で仕留めることができた。
これでお立ち台が見えてきたと思い、入替えを求めてワンド内を隈無く探していくと500g
くらいのナイスキーパーのネストが、風がおもいきり当たる岬の先端の水深1.5mくらいの
ところに作られていた。
風でほとんど見えず、悪戦苦闘しながら何とかヘビダンで仕留めることができた。
これで、2㎏近くいったのでお立ちは確実かなと思いながら、帰着してみると思ったより
他の選手は釣れておらず、まさかの優勝してしまいました。
チャプターはまだ始まったばかりなのですが、残りの試合も優勝目指し頑張ります。

c0123385_10221287.jpg


(タックル)

ロッド:604ベイト

リール:ベイト

ライン:フロロ

ルアー:ストレートワーム(半分にカット)

フォーミュラ:マドネスフィッシュフォーミュラモエビスプレー


トーナメントプロスタッフ 児嶋隆二
[PR]
# by madpro | 2008-05-13 10:22 | 児島隆二

いよいよ表層の帝王!”SEVEN”降臨です! 

5月6日 ゴールデンウィーク最終日!青蓮寺ダムに行ってきました。

前日に雨が降り、気温も涼しい1日でした。上流部は、濁りの影響があり、
下流にいくほどクリアーになっていきます。
本流筋上流は、600gぐらいのネストは確認できましたが、
全体的に終盤になってきている感じがあります。中流部濁りが薄くなってきているところから、
アフター狙いで、セブン4インチを流していきます。

オーバーハング岸から、ピクピクで誘うと‘キター
49cm 1500g

c0123385_1014641.jpg


そのまま、下流へ行くがノーバイト。もう一本の布生筋へ、バイトがあるのはやはり中流域、
カバー奥で、浮いているバスに微妙に間隔をおいて、

ダウンショット マザーワーム3インチ(アユカラー)を置いてシェイク、
一発でバイト!1400g

午後からは、魚が浮いてくるので、回遊バスを
ネコリグ マザーワーム3インチ(スカッパノン)でしとめました
1300g

c0123385_102999.jpg


表層をひじょうに意識していますが、連休最終日のハイプレッシャーには、
マザーワーム3インチノーシンカーピクピクがいくつかの場面で助けてくれました。

トーナメントプロスタッフ 木村義之
[PR]
# by madpro | 2008-05-13 10:03 | 木村義之

マザーワーム3インチでド級!雷魚&アフターバス

ここ2週間、天気に恵まれず激流&激濁りだった加古川。
c0123385_1571293.jpg


仕事の都合で、お昼からの釣行。

今日は曇りで釣り日和。

護岸からみると、水量・濁り具合共に普段と変わらない。

オーバーハングの下にはネストもあり、ワンドには多数の鯉&鮒。

亀も冬眠から覚めて、堤防の林から下ってきました。

c0123385_156146.jpg

春真っ盛りなのはいいけど、ちょうど鯉が産卵で大暴れしてるんで、

バスが怯えて食いが悪いかも・・・

まず、オーバーハングの下のバスを狙うも難しい。

が、ちょうど回遊の魚が3匹ほどやってきたので、

マドネス・マザーワーム3inのネコリグを回遊ルート先へキャスト。

数投目で、コンッ!と当たりが来たので、フッキング!!

しかし、上がってきたのは・・・・・・・・・


キタァー!


超ド級!魚雷!・・・デカイ外道!&久々の雷魚くんです

c0123385_1555154.jpg


c0123385_156078.jpg


鯉がドンドンワンド内を濁らしていきます。

ここは見切りをつけて移動,少し上流のワンドにやってきました。

が、ここも鯉濃いです。移動・・・

下流にやってきました。 ここも、鯉はいますが濁りはマシ。

水の滞留も少なく良い感じ。 も、しばらく沈黙。

たまたま魚の波紋があり、バスらしき魚影に見えたので、

6インチストレートワームワッキーリグをキャストすると、ヒット!


48cm 1650gのママさん。
c0123385_1564599.jpg


その後、しばらく沈黙。

夕方になって、そろそろ帰ろうかな?と思ったら、

同行者がバスを発見。も、なかなか口を使わず難しいとのことで・・・

そいつをハイエナしちゃいました。ありがとう。。。マドネス・マザーワーム3inネコリグで。


45cm 1400g アフター?
c0123385_157111.jpg



夕方になって、どんどんワンドに入ってきていましたね。しかし難しいです。


(トーナメントプロスタッフ 安藤賢二)
[PR]
# by madpro | 2008-05-03 15:08 | 安藤賢二

野池でファイナルヘブンボーンラトラーチューンでキロアップ!

野池到着。

最初は濁りの入っていない池。前日はゼロ、リベンジ!

各ワンドはヘラのハタキが本日より始まっていた。。。

責めるも、バスの反応はなし。

手前のファーストブレイクでも・・・ない。。。

では、ということで誰もが攻める目に見えたポイントの

流れ込みとその沖のブレイクを攻めると・・・


きました!ファイナルヘブン5インチウォーターメロン)の

1/32ozネコリグ
フォーミュラーアユ)&ボーンラトラーチューンで。

c0123385_91831.jpg


1200g 45cm 
お腹はまだ膨れていませんでした。

c0123385_9184278.jpg

桜が綺麗です。散り始めかな?。。。

【ボーンラトラーチューンのご紹介】

c0123385_9194438.jpg


c0123385_920771.jpg


c0123385_9204763.jpg


トーナメントプロスタッフ 安藤賢二
[PR]
# by madpro | 2008-04-14 09:25 | 安藤賢二

ファイナルヘブン・テキサスで早春のビックバス一撃!

早春の布目ダムへ釣行して来ました。

今日はサイトでデカバスゲットを期待しての釣行でしたが、湖上に出てガッカリ。

湖は激にごり&浮きゴミだらけで、サイトは困難な状況でした。

とりあえず先週魚影の濃かったエリアをシャッドで流しながら、シャローにさしてきているバスを探して行きました。

しかし、先週の暖かい気候は一変して今日は気温も低く、風も強い状況で水温も9度台と低く、

目で確認出来るバスを見つけることは出来ませんでした。

そこで、バスがさしてくるであろうポイントから1段、2段下がったポイントや岬周辺に狙いを切り替え、ダウンショットで丹念に探って行きましたが、全く反応がありません。
風も強くなってきたこともあり、狙いを再度シャローに切り替えることにしました。
にごりがきつくなってきていることを考慮し、バスはシャローでもブッシュの奥やストラクチャーについていると判断し、根が掛かりの少ないテキサスリグで勝負することにしました。
まず、シンカーはキャストのし易さとブッシュや浮きゴミを破るウエイトが必要なため12gにし、ルアーは擦り抜け易さから
FINAL HEAVEN
5インチ(スカッパノン)
をチョイスしました。
出来るだけ人が攻めないポイントを選らんでテキサスリグを打ち込んで行き、一際大きいレイダウン&浮きゴミのポイントで遂にヒット!!
レイダウンの奥の奥で掛けたため、ラインが木に擦れて一瞬ラインブレイクが頭をよぎりましたが、強引に一気に沖へと引き離し、何とかゲット!!
48㎝、1800gのビッグバスを釣ることが出来ました。

c0123385_1636191.jpg


現在の布目ダムの状況ですが、水温は9~11度台と低く、まだまだシャローにはバスの姿は少ないですが、バスは確実に春を意識しています。
次回はサイトでビッグバスをゲットしたいと思います。


【タックルデーター】

ロッド:6.7ftMH 

ライン:フロロ16lb

シンカー:タングステン12g

フック:#2/0オフセット

ルアー:MADNESS FAINAL HEAVEN5インチ(スカッパノン)

トーナメントプロスタッフ  谷口 聡
[PR]
# by madpro | 2008-04-01 16:36 | 谷口 聡

まだ!冬!?の野池でフォーミュラー底力発揮!


まだまだ寒いながらも天気は良かったのでいつも御用達の小さい池でいってきました。

c0123385_13342690.jpg


最初は最近マイブームのクロー系ワッキーリグ。

シュリンプワームでボトムイゴイゴ。。。

もちろん、マドネスフォーミュラー(モエビ)漬け込み済み。

すると、反応?根掛かり?わからん感じ。。。でも、その周辺半径5mが一気に濁った。

あ!あそこに魚固まってるんかー。。。でも、濁ってもうたからしばらく休まそう。。。

しかし、他の場所では反応なし。

しばらくして、もう一度反応のあったところにキャストするもダメ。

ボトムじゃない?もしかして、お昼過ぎなんで表層の水温が高くなってるかもと思い、

3インチのストレートワーム(マドネスフォーミュラー漬け)のインチワッキー表層スイミングに変更。

すると、すぐに答えが返ってきた。

c0123385_1334543.jpg


45cm、1370g

c0123385_13351314.jpg


その後、すぐに反応があったがフックオフ。

少しバイトが遠のいたので、カラーを変えるも反応なし。

元のカラーに戻すとまたまた来ました。

TS371307.jpg

今度はフッキングもバッチグー!!
c0123385_13355943.jpg


47cm 1500g
c0123385_13362062.jpg


その後、猛烈に風が強くなり反応も途絶えましたが、まだまだ冬の気配のする気温変化の影響を受けやすい

浅い野池でもマドネスフォーミュラーの集魚力には驚きでした。

フォーミュラーは信じる者のみ成果ありです。



(トーナメントプロスタッフ 安藤賢二)
[PR]
# by madpro | 2008-04-01 13:50 | 安藤賢二

爆発!ジグ+GOTZダンディリトル!爆釣!6キロオーバー!

今週も秋の荒食いを期待して布目ダムへ行って来ましたので報告させて貰います。



今日は朝からいろいろトラブルがあり、少し遅めの9時半スタート。

まずは、ダムサイト側の島周りをチェックするも、ベイトの反応が全くなく不発。

次にスタート地点の島のディープを狙うも、やはりベイトの反応が薄く、ここも不発。

支流の水中島ここは堅いはずと、チェックするも・・・不発。

ここ数日の冷え込みで状況が渋いみたいです。

狙うポイントを水温が少しでも高く安定している日の当たる岬で岩場(ゴロタ石)が絡む場所
へ移動。

水深8~10mラインに待望のワカサギの反応があり、
マザーワーム3インチ(スカッパンノン)のダウンショットを投入すると、
早速バイトがあり、約600gのバスが釣れました。

c0123385_1443146.jpg


同ポイントで500g前後のバスを2本追加し、次のポイントへ移動。

今日はどーしてもビッグバスを釣りたいと思い、
ダウンショットからラバージグ3/8+
ゴッズダンディリトル(ブッラク)
に持ち替え、ベイトの反応がある水深8~17mまでをダウンヒルに狙うと待望のデカバスのバイトが!!

上がって来たのは約1700gのビッグバス!

c0123385_1445216.jpg

c0123385_14519.jpg

c0123385_1451960.jpg



その後も続けて1800g1200gが釣れました。

バスの位置はボトムから少し浮いており、ズル引きではなくて、少し浮かしてスイミング
させるのがキモでした。

その後は流石に反応は悪くなったでの、
フォローにダウンショット(マザーワーム3インチ(スカッパノン))を再度投入。

魚のポジションを考え、リーダーを長めにとることでルアーをバスのポジションに合わして
やると、すぐに反応があり、その後も1キロ前後のバスを4本追加。

今日は天気が良く、水温が上がってくる昼からバスの活性が高かったみたいで、
バスのポジションを掴むことで、良い釣果を上げることが出来ました。
[PR]
# by madpro | 2007-11-20 14:05 | 谷口 聡

マザーワーム3インチ 野池で激烈コバ劇場!

今回は、昼からの釣行となった。。。

しかし、今日は寒い。前日との気温差が5℃。

この気温の差は、正直釣りにはツライ。果たして釣れるのか??

良型もいる野池。夏は釣れたが果たして・・・

水悪すぎ、反応なし。

護岸際のコンクリートシェードを記録して移動。


小規模な池。しかし、過去に50upの実績もあり。


来たぜ~!1投目バイブレーション。

c0123385_1964780.jpg


写真撮影中、地元のオジサン登場。

『魚、残ってたん?全部掬ったのになぁ・・・大きいのは居らんでぇ。』

マジっすか!?(泣)

めげずに、釣るぜ!キタァー。

c0123385_1973479.jpg


反応なくなったきたので、ライトリグにチェンジ。

マドネスマザーワーム3inネコリグ1/64ozで、本日最大35cm 500g!!

c0123385_1982166.jpg


入れ食いモードに突入。。。

c0123385_1991557.jpg

コバス祭り開催。。。


雨が降ってきたため、コンビニに退散。そのまま移動することに・・・

小野市です。

ここもええ魚がいます。魚は凝縮されてるっぽい~??


ハード系には反応なし。

ライトリグは・・・コバス祭り。。。


昼間も曇りで水温が安定した為か、コバスの反応が良すぎです。


荒食い突入?うれしいけど・・・デカイの釣りたい。。。

c0123385_19101668.jpg


結局、デカバスには巡り合えず、コバス祭りで終了。

c0123385_19103881.jpg



【タックルデータ】

ロッド:スピニング
リール:2500番
ライン:フロロ4lb
フック:マス針 2番
ルアー:マドネスマザーワーム3in
シンカー:ネイルシンカー タングステン1/64oz


トーナメントプロスタッフ  安藤賢二
[PR]
# by madpro | 2007-11-19 19:12 | 安藤賢二

秋の布目 ワカサギ荒食いパターン成立!

秋の荒食いを期待して、布目ダムへ釣行して来ましたので報告します。

この時期の布目ダムはワカサギパターンがはまるため、ワカサギが付く
ポイントをメインに釣行プランを立てました。
まずは定番のダムサイト側の水中岬の水深3~8mをダウンヒルに
ダウンショットをズル引き、スローに狙うもノーバイト。
魚探でワカサギのポジションを確認すると水深8mのボトムに付いている
みたいです。
バスは冬に向け餌を食いたいはずと仮定し、スローに狙うよりリアクション
の方が良いのではと、得意のシューティングに切り替えワカサギの群れに
ダウンショットを直撃!早速、バイトがあり釣れたのは300gぐらいのバス。
c0123385_1305554.jpg

次にインターセクションの大規模岬をチェック。
ワカサギのポジションは水深12~15mラインで、ダウンショットを
ドラッキングで狙うも反応がなく、やはりリアクションでは!と
再度シューティングに切り替え、
ダウンショットを強めにシェイクすると、すぐに答えが返って来ました。
釣れたのは500gの腹パンバス!
c0123385_1321220.jpg

c0123385_1322915.jpg

c0123385_1324350.jpg

これで、今日のパターンはワカサギ、リアクションがキモと確信し、
目ぼしいポイントをランガンし、余裕の二桁釣果。

今回の釣果は殆どシューティングで、魚探でワカサギの有無を確認し、
ダウンショット(ルアーはマザーワーム3インチ(オイカワ)・シンカーは
1/8と少し重めをセット)を強めにシェイクするのが良かったみたいです。
強めにシェイクすることより、マザーワームのヘッド部分が水を受け
ダートアクションを起こし、リアクションで食ってくる感じでした。
布目ダムの状況ですが、今回の釣行ではビッグワンは出ませんでしたが、
300~500gぐらいの腹パンバスがコンスタントに釣れます!


タックルデーター

ロッド:6ftスピニング+リール2004番

ライン フロロ4lb

フック:マス針#6

ルアー:MADNESSマザーワーム3インチ(オイカワ)

トーナメントプロスタッフ 谷口 聡
[PR]
# by madpro | 2007-11-17 13:13 | 谷口 聡

フィッシュアトラクテッドフォーミュラー(モエビ)の泡脱効果と散布効果でベイトを誘発!

JBマスターズウエスタンリーグ第4戦 岡山県旭川ダムにて
2日目に大船団の上流エリアでフィッシュアトラクテッドフォーミュラーの威力が爆発!
単日ながら2位に食いこむことが出来ました。

当日の上流エリアのコンディションは、クリアウォーターでおおよそ10m以内間隔で
ボートが並んでいるハイプレッシャー状態
それでも大型のバスが悠々とボート間を通り過ぎてゆくのが多く見られるほど
魚影は濃い!しかしまったく口を使わない超ド級のタフコンディション!

c0123385_17185455.jpg


しかし、このハイプレッシャーの中!フィッシュアトラクテッドフォーミュラーを毎キャストごとに振り
モエビエキスのパワーでベイトフィッシュを引き寄せバスを立ち止まらせることに成功し
1本目の40cmオーバーの1500gフィッシュをキャッチ!

c0123385_1724825.jpg


それでもプレッシャーは時間経過とともに大きくなり、ベイトの動きにもバスが反応しきれなく
なってきた。
c0123385_17193876.jpg


そこで、研究機関の調査でも生態的なバスの習性をフィッシュアトラクテッドフォーミュラー
ワームから泡状になって剥がれてゆく「泡脱効果」が影響をもたらすことがわかっていたので
フィッシュアトラクテッドフォーミュラーの振り量をいつもの何倍も多く振りかけボトボトの泡状態にし、
大岩の下に潜り潜むバスの目の前を目掛けてソフトアプローチを掛ける作戦に切り替えた
その直後に大岩の下に回ってきたバスの尾ビレが一瞬反応した!
再度、フィッシュアトラクテッドフォーミュラーを泡状態に包みキャスト!その瞬間!ラインが一気に走り!
大岩の反対側でジャンプ!今度もデカイ!と慎重にランディング!
キロアップのナイスキッカーフィッシュ!

この2本で2,630g 単日2位

c0123385_17182325.jpg


フィッシュアトラクテッドフォーミュラーの新しい使用法を発見しバスの生態を擽ることが出来たのが
今大会の最大の成果でした。
これから更なるテストを繰り返しフィッシュアトラクテッドフォーミュラーの新効果を見つけたいと思います

トーナメントプロスタッフ  村下泰健
[PR]
# by madpro | 2007-10-30 17:24 | 村下泰健