<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ジャパンスーパーバスクラシック2008入賞レポート

c0123385_1048669.jpg

4月11日(土)、12日(日)に山梨県 河口湖で行われました「ジャパンスーパーバスクラシック2008」に参戦し、15位に入賞することが出来ましたので報告します。

 この大会は昨年全国各地で開催されたJB・NBCトーナメントに於いて年間成績が上位の選手のみに参加資格が与えられる大会で、JBTOP50の選手はもちろん全国から強者が河口湖へ集まり2日間真剣勝負を行います。

(大会前日)
 事前情報では3月末に4箇所で合計1トンの放流が行われたとあり、戦略的には放流場所から散ったバスを探しつつ、個体の大きいネイティブバスを獲ることで上位に入れるだろうと予想することが出来ました。
 まずは放流場所の一つである「さかなやワンド」周辺へ向かいシャローの溶岩帯エリアをシャッドで流しましたが思うようにバイトが得られず、次に4lbラインに自作のスモールラバージグをセットしてミドストさせると微かに重量感を感じてフッキング!キャッチしたのは30㎝に届かない魚であるにも拘わらず800gと超メタボな放流バス。その後も時間いっぱいまで他の放流場所をチェックしてプラクティスを終了しました。

(大会初日)
 
c0123385_1048309.jpg

c0123385_10592415.jpg

 大会当日、天気は晴。スタートはファーストフライト。まず前日反応の良かった「グラブワンド」へ入りました。溶岩帯に付いているバスをサイトで狙い始めるとすぐに放流メタボバスを発見。3lbラインに現地で購入した実践初投入のポークルアーを1/8ozを使用したダウンショットにリグってキャスト開始。メタボバスの鼻先にルアーを送り込むとすぐにバイト!難なく1本目をキャッチすることが出来ました。しかし人気エリアのためプレッシャーからなのか前日より見えバスが減ってしまいました。それでは作戦変更と溶岩の張り出し部の水深3メートル付近をブラインドで攻めてみることにすると、バスの重量感を感じてフッキング!500gほどの放流バスをキャッチすることに成功しました。このあと反応がなくなったためエリアを変更することにしました。
 次に選んだポイントは前日も魚をキャッチすることが出来た「さかなやワンド」。やはりプレッシャーからなのか前日のように見えるバスは少なくなっており、バスの反応を確認するためISワスプ50を投入。トゥイッチ&ポーズで動かし、そして5秒ほどのポーズを入れている時にラインが走り出したので渾身のフッキング!ネットインに成功したのはこの日最大となる1キロ弱のナイスフィッシュでした。その後もキャストを繰り返しましたがバスをキャッチすることが出来ずに初日は3本で2052g、35位という結果となりました。
c0123385_110924.jpg


(大会2日目)
 最終フライトでしたがこの日も「グラブワンド」にすんなり入ることが出来ました。やはり見えバスの数は少なくなっていたので溶岩のくぼみ一つ一つを丁寧にポークルアーのダウンショットで探ると続けて2本の放流メタボバスをキャッチすることに成功!そして次に溶岩の岬の先端部分へ4lbラインに自作のスモールラバージグをセットしてキャスト。すると「ゴン!ギィー!」とバイトと共にドラグが唸りを上げて今までにない強烈なファイト!何とかネットへ収めることに成功!キャッチしたのは1400g位の待ちに待ったネイティブバス!その後すぐに同場所で1本追加した後、残り1時間余りでリミットメイクを目指し「さかなやワンド」へ移動。溶岩の隙間へポークルアーのダウンショットを滑り込ましてバイトを誘い、立て続けに3本キャッチでリミットメイクに成功!帰着時間が迫ってきたため会場へ戻ることに。
c0123385_1104281.jpg


 二日目のウエイトは7本で4675g!何と二日目単日2位!表彰式ではどこまで捲れたかと期待しましたが15位に入賞することが出来ました!完全にアウェーの河口湖で思うような展開に持って行くことが出来て満足しています。
c0123385_1111438.jpg


 またアマチュア部門ではいつも東条湖でライバルとして戦っている戦友で2007年度NBCオール兵庫チャンピオンカップの覇者黒阪選手が初めての河口湖で初日808g、二日目2956gと完全に攻略して総合4位に入賞しました!
c0123385_112684.jpg

[PR]
by madpro | 2008-06-26 11:04 | 松村真樹

MOTHER WORM3+モエビフォミュラーを駆使し!   JB生野銀山湖第1戦 南中一樹プロ 準優勝! 

c0123385_102731100.jpg

5月11日にJB生野銀山湖シリーズ第一戦に参戦してきました。

一週間前のチャプターのころからようやく銀山湖でもネストを確認する事が出来るようになり、間違いなくネスト勝負になると予想し、前日のプラクティスでキッカーとなるサイズのバスを探す
が、この日は、早朝から雨が降り、雨によってできる波紋、風の影響でシャローのネストの確認のみに終わった。この条件の中、キロフィッシュのバスも確認できたが、そのすべてが、ドシャローの為、他の選手にも簡単に見つけられてしまう。 おそらく当日はフライト順が大きく勝敗を分ける展開になってしまうのではないだろうか・・・

大会当日の朝、フライト抽選の結果、第1フライトの3番となり、前日のプラで反応が良かった下流域のポイントをめざしてスタートすることができたが、ポイントの手前、約50メートルでまさかの失速、雨の影響(湿気)のせいかリアエレキが動かなくなってしまった。
何とかポイントに入る事ができた。前日は、簡単に口を使い、イージーに釣れると思っていたのだが・・・
隣のポイントでは、2匹もバスを抜かれ、時間が経つにつれ気持ちだけがあせりピッチングの精度を欠いて行く。
ここで、大きく深呼吸をし、一息入れ、再度ラバージグに「マドネス フィッシュフォーミュラ モエビ」をスプレーしキャストするとカーブフォールに反応し、フッキングに持ち込む事ができ、無事にネットにおさめる事が出来た。 すこし痩せていたが、明らかにキロを超えるキッカーを手にした。時計を見ると9:45だった。
次に今年も多くのネストをストックしている第1ワンドに向かった。ゆっくりとボートを流していくが、前日あれほどあったネストのバスを発見することが出来ずに第2ワンドへと向かった。岬から20メートルほど入ったところでようやく2匹目となるバスを発見、先ほどと同じように、ラバージグを投入するが、反応が悪い為、ヘビーダウンショット・「マドネス マザーワーム3インチ(ギルカラー)」 + 「マドネス フィッシュフォーミュラ モエビ」をスプレーしネストの真中にキャストしステイさせると一発で食ってきた。フッキングと同時に抜きあげ、350グラムのバスを手にする事が出来た。 リミットメイクとなる3匹目は反対側の岬近くの松の木の根元にいた。 このバスはすでにロックしているような状態でヘビーダウンショット・「マドネス マザーワーム3インチ(ギルカラー)」  「マドネス フィッシュフォーミュラ モエビ」を投入すると着水と同時に食ってきた。一気に抜き揚げキーパースケールに乗せてみると26センチ 250グラムと小さいがなんとかリミットを達成!この時点で11:30、おそらく1800グラム前後と予想するが、優勝ウエイトを2500グラムオーバーと予想していたので、まだまだ入れ替えのチャンスはあると思い、第3ワンド、中流域と探すがどのネストも空き家になっている。前日、チェック
できなかった 湖畔下も探すがネストが無い。最後に桟橋と岸とをつなぐロープ&ブイでバスを発見!入れ替えが可能なサイズである。このバスをラバージグ + 「マドネス フィッシュフォーミュラ モエビ」のカーブフォール&リアクションで口を使わすことに成功し、無事にネットにおさめる事がでた。700グラムと250グラムの入れ替えに成功し、推定2250グラム、すでに時間は13:00を回っていた。その後もネストを探すがタイムアップとなった。
c0123385_10275370.jpg

c0123385_10281817.jpg

結果 2,362グラムで 久々のお立ち台の準優勝となりました。開幕戦でいいスタートをきる事ができました。次も外さないよう お立ち台めざしてがんばります。
c0123385_10283317.jpg


タックル
リグ  : ラバージグ9:53 2008/06/25
リール : ベイト
ライン : フロロ 14lb
ルアー : ラバージグ 1/2oz (白色)
       マドネス フィッシュアトラクテッドフォーミュラー モエビ   
c0123385_10341847.jpg


タックル
リグ  : ヘビーダウンショット
ロッド : 71H
リール : ベイト
ライン : フロロ 14lb
シンカー: 3/4oz
ルアー : マドネス マザーワーム3インチ(ギルカラー)          マドネス フィッシュアトラクテッドフォーミュラー モエビ   
c0123385_1034376.jpg

[PR]
by madpro | 2008-06-25 10:45 | 南中一樹

布目ダム MOTHER WORM3 2日連続 好釣果!2日目は3本で6キロ!

布目ダムへ釣行して来ましたので報告させて頂きます。
まず1日目ですが、サイトで流しながらシャローに差しているバスをチェックしていったのですが、非常に警戒心が強く、こちらが見つけた時には逃げてしまう状態でした。
バスの状態としては確実にシャローを意識しているので、逃げたバスやシャローに上がろうとしているバスはミドルレンジにサスペンドしているのではと考え、狙いをシャローの手前水深4~6mの中層に切り替えました。
リグはマザーワーム3インチ(シナモン)のネコリグをチョイスして、今修行中のミドストで攻めると、ピックアップ手前でバイトがあり、600g前後のバスが釣れました。
c0123385_981363.jpg

ピックアップ手前で釣れたのでバスの位置はそんなに深い場所ではない判断し、シンカーのウエイトを1/32から1/64に変えて、表層付近を探ると、予想的中で入れ食いに!!
出来るだけゆっくり引いてバスに長い時間アピール出来るようにラインスラッグをしっかり出して、出来るだけラインが張らないようにゆっくりシェキングリトリーブするのがキモで、400g~900gのバスを計17本ゲット!!
かなり楽しい釣りが出来ました~!
c0123385_991718.jpg



2日後、再び布目ダムへ。
今日は春を意識したビッグバスを釣りたいと思い、朝からサイト全開!!
一昨日見つけていた場所へへ直行すると、ばっちり居ました。
推定50センチ2キロ超のビッグバスです。
しかし、どんなに攻めても全く反応してくれず、自分に釣れるバスではないと思い、次々と移動・・・。
上流付近はプレッシャーもキツく、反応の良いバスがいなかったため、下流域に移動。
そしてネスト発見!しかも50UPが2本!
慎重にテキサスリグで攻めるも、全く反応なし。
そこで全く反応していないバスを釣る方法として、僕はこの時期多様するのがシェイク。
バスの目の前で細かくシェイクすることで、かなりのショートバイトで一瞬ルアーを吸い込むんです。
この時のキモは出来るだけルアーが上がったり沈んだりしないように一定の水深(鼻先)でシェイクすることです。
ルアーをテキサスリグからマザーワーム3インチ(ウオーターメロン)のネコリグにチェンジ。
何度も何度も鼻先でシェイクしていると、遂にバイト!!
上がってきたのは51センチ2200gのビッグバスでした。
c0123385_910153.jpg

続けて同じ方法で近くにいたバスもゲット!!
50センチ2100g

c0123385_9103037.jpg

その後もサイトでビッグバスを探していると冠水ブッシュにサスペンドしているバスを発見。
ブッシュの際をマザーワーム3インチ(ウオーターメロン)のネコリグで表層付近をミドストしてくると、スーっと寄ってきてパクリ。
上がってきたのは1600gのバスでした。
c0123385_9105156.jpg

これで3本で約6キロ!!
ビッグバスを3本ゲットして満足したので、ミドストの練習をしに一昨日の爆釣ポイントへ移動。
そこで500g前後のバスを4本ゲットして、終了。

現在の布目ダムはネストがらみのビッグバスからミドルサイズのバスの数釣りと、非常に良い釣りが出来ますよ。


タックルデーター1
ロッド:6.2ft 
ライン:フロロ3lb
フック:odzロクヨンショット4
シンカー:ACTIVEミサイルシンカー1/64
ルアー:マザーワーム3インチ(シナモン)
c0123385_9321260.jpg


タックルデーター2
ロッド:6.0ft 
ライン:フロロ4lb
フック:odzロクヨンショット4
シンカー:ACTIVEミサイルシンカー1/64
ルアー:マザーワーム3インチ(ウオーターメロン)
c0123385_9323131.jpg

[PR]
by madpro | 2008-06-25 09:13 | 谷口 聡

マザーワーム3インチで布目バスへリベンジ成功!

c0123385_10442135.jpg

布目ダムへ釣行して来ましたので報告させて頂きます。

4/29にNBCチャプター西三重戦の第1戦(4/27)の結果が悔しくてリベンジに行って来ました。
まずは支流をスピナーベイトで流してバスの活性をチェックするも全く反応がなく、またサイトでバスを確認して行くも早朝はシャローに殆どバスはいない状態でした。
そこで、27日の入賞者の結果を参考に1箇所で3本のバスをゲットしたポイントへ行き、ミドルレンジをマザーワーム3インチ(ウオーターメロン)のダウンショットで探って行きました。
根掛かりを避けるため、フックはオフセットにし、岸に向けてキャストし、ダウンヒルに落として行くと、ラインが走り出しました!!
しっかりラインを巻きスイープフッキングでアワセ、上がってきたのはナイスプロポーションの1780gのバスでした。
その後、水温の上がる午後からは、例年ネストができるポイントをチェックして行ったのですが、バスはシャローに上がってきてはいるものの、沖を向いている状態で、少しの引き波や気配ですぐに沈んでしまう状態でした。
何度もポイントに入り直していると、やっと岸を向いているバスがいたため、慎重にボートポジションをとり、一発勝負になると思い、マザーワーム3インチ(ウオーターメロン)のネコリグをキャスト!
ゆっくりシェイクするとバスがスーッと寄ってきてバイト!
かなりジャンプされましたが、確実にフッキングしていたため、バラスことなく無事キャッチ。1140gのバスでした。

c0123385_10443956.jpg


2本で約3キロ!!
数は物足りない結果ですが、リベンジ成功!
これからの布目ダムは一気にバスがシャローに差してきて、サイトで熱い釣りが出来ると思いますので、また報告させて頂きます。


タックルデーター1(ダウンショット)
ロッド:6.2ft 
ライン:フロロ4lb
フック:odzレッドマジックフック#1
シンカー:タングステン3/32
ルアー:マザーワーム3インチ(ウオーターメロン)
タックルデーター2(ネコリグ)
ロッド:6.0ft 
ライン:フロロ4lb
フック:odzロクヨンショット#4
シンカー:アクティブMSトーナメント1/64
ルアー:マザーワーム3インチ(ウオーターメロン)

プロスタッフ 谷口 聡
[PR]
by madpro | 2008-06-21 10:46 | 谷口 聡

SEVEN4で表層系を撃破!50UP連発!

c0123385_1021153.jpg


布目ダムに行ってきました。

大会があるので、気合を入れてみてまわりましたが、気温の上昇とともに、やはり、パラダイスがひろがっていました。

はじめに、左上流支流から、先週釣果報告が多かったコンクリート護岸をダウンショット(マザーワーム3インチ スカッパノン)で750gを一本。3~4メートルを探るが、あたりなし・・・
移動をはじめ、岸沿いをSEVEN4インチで表層を流していくと、ブッシュ周りで、バスが下から浮いてきてバイトにいたるものの、フッキングにはいたらず。
しかも、浮いてくる魚は、すべてキロフィッシュ!SEVENの集魚能力には驚かされます。あとは、フッキングのタイミングのみ!
次に、ロックしている魚が、大会の為に見るだけのつもりが・・・ヘビダン(マザーワーム3インチ ギル)を投げてしまった。一投目一発でバイト!上がってきたのは52センチ、2キロはかりを振り切るビックワンでした。
そして、ここより対岸の小さめの支流に移動して、前からでかいのがいることがわかっていたが、なかなか口を使わないバスへSEVEN4インチ、一投目・シェイク・下から大きな影が・バイト!一呼吸おいてフッキング!決まった!
またもや、52cmビッグワンでした。
c0123385_10213760.jpg

下流方向へ、SEVENで流していくと40UPがからむ魚を6本あげることができました。

これから、アフターの時期に入っていきますが、さらにセブン4インチの活躍が増えてくると思います。おすすめです!

(プロスタッフ 木村義之)
[PR]
by madpro | 2008-06-21 10:22 | 木村義之

マザーワーム2.5インチのジグヘッドリグのミッドストローリングテクで大型メバル劇釣!!

大阪湾!夜のメバル・ガシラ狙い

マザーワーム2.5インチのジグヘッドリグのミッドストローリングテクで大型メバル劇釣!!

c0123385_18343348.jpg


強風吹き荒れる中、風裏を探り探りで大阪湾をランガンで最後の大型メバルを狙いに行ってきました。信頼するナビゲーターの案内で次々とエリアを変えながら移動し数回目に入ったエリアで3.5lbラインにマザーワーム2.5インチ(クリアーカラー)ののジグヘッドリグをセットし
水深3~5mラインを流しながらボトム付近をスローにリーリングすると”ガン!っと”引ったくりのバイトが入りあがってきたのは良型のガシラでした。その後もガシラが数匹連続するもののメバルが出ない!

c0123385_18345941.jpg


c0123385_18354282.jpg


これは間違いなく浮いていると思いミドストに変更した途端!!”ドーン”と一発ラインが持っていかれるバイトにリールが”ギーギー”と鳴き60ULのロッドが思いっきりしなり!上がってきたのは尺に弱冠足らずの27cmのナイスなメバル!これだ!と思い ミドスト中心の攻めでキャスティング! 小さいバイトは毎キャストあるものの魚も小さいと思いフッキングせずにじっくりビックバイトを待っていると”ドーン”と一発入りました!来ました!今度こそ尺アップか!しかし上がってきたのは少し足らずの28cm! でもナイスファイトでした!この後もリーリングスピードを落とし底を狙うとガシラ。早めて浮かせるとメバルと続々ヒット!強風で足元も危なかったですが、楽しい釣行でした!マザーワームの2.5インチのソルトでの威力も計り知れないくらいものでした。今後のマザーワームソルトの発展に活かせればと思います。

c0123385_18361696.jpg


c0123385_18363451.jpg


c0123385_18364956.jpg


今後はロックフィッシュを狙いにはマザーワームをお供にいかがでしょうか! 
まもなく!マザーワーム2.5インチと4インチが待望の発売です。今月の末には店頭に並ぶ予定です!
ファーストリリースはクリアカラーなのでソルトでも試してみてください!

プロスタッフ  村下泰健
[PR]
by madpro | 2008-06-17 18:51 | 村下泰健

NBC兵庫開幕戦!モエビフォーミュラーで念願の初入賞! &チーム戦優勝!

東条湖で開催されたNBCチャプター兵庫第1戦「POPEYE250加古川店CUP」に出場してきましたのでレポートします。
今季から全国のチャプターは全戦エコタックルルール(ライン除く)ということで前日はいつもより綿密にタックルボックスのチェックから始まり万全の体勢でのぞむつもりが!
開幕戦からバタバタの朝寝坊で飛び起きて一目散に東条湖へと向かいました。
そしてタックル準備もままならないままにミーティングからスタートへと瞬く間に時間が過ぎスタートフライトはセカンドフライトの中頃だったので準備も少し出来るかなと思いましたが、毎年のことですが開幕戦はワクワク!ドキドキ!で結局出来ないままスタートとなりました。
前方の選手は上流に本湖のシャローへと一直線。自分は最初から上流と決めていたのでダッシュ。

c0123385_12453648.jpg


中流の辺りで前には6艇おり、これでは最上流は無理だと判断し第一インレットの下流側の東側ワンドにボートポジションをとりシャローでうろつくバスがあまり見えないのでミドルレンジを狙うことにし手始めにストレートワームのダウンショットで3.5m~5mラインをチェック 
1投ごとにマドネスモエビフォーミュラーを多めに念入りに振りかけ3投目にドスン!という感じの強烈なバイト!すかさずフッキング!デカイ!! 
朝一にいきなりの驚きバイトに慌てましたが
ラインもラインラインを使用していたので焦りながらも慎重にランディングに成功!
バタバタ!ドキドキの1本!直ぐにアクティブのトーナメントスケール1kgで計ると振り切り!
おお!キロアップ!幸先よいファーストフィッシュ!しかし開幕戦のそれも朝一の1本には痺れました!
興奮冷めやらぬ中、その3.5-5.0ラインを続けて狙いましたが反応なく 
朝の移動中に気になったS字カーブの入口付近へ移動 
ダウンショットを中心に3.5mからシャローまでを狙いましたが反応なし!
11時頃になると春特有の風がさらに強くなりボートポジションをとることすら困難なほどの状況になり他の選手も風に悩まされながらの時間が経過してゆきました。
時間ととも下流側へと移動しつつ、レンジも変えながら攻めましたが敢え無くタイムアップ!
無念の朝一の1本だけになってしまいました。

c0123385_12461979.jpg


そして検量へ、リミットメイクやビックフィッシュを持ち込む選手も多くこれは1本では今回もお立ち台は無理かな?と思い次戦へ気持ちを切り替えて頑張ろうと表彰式へと向かいました。
そうするとなんと東条湖の女神は開幕にプレゼントを用意してくれてました
大会司会者のアナウンスで「微妙なウェイトです。それでは第5位から発表します」
「第5位 1,075g! 岩一彦プロ!」となんと僕の名前が呼ばれました!
駄目だと思っていただけに感慨深いものがありました。
NBCチャプター兵庫の会長に声を掛けられてひょんなことで始めたトーナメントの世界に足を踏み入れて早くも今年で4年 続々と表彰台に立ってゆくマドネスプロチームの面々を横目に幾度かの6位や7位を経験し悔しい思いをしてきましたが、ようやくそしてやっとの入賞でした。しかし一番嬉しかったのは自分のことのように喜んでくれるチームメイトのみんなの祝福でした。これからも頑張ろうとさらに思う記憶に残る初入賞のトーナメントとなりました。

c0123385_12471812.jpg


そして、チャプター兵庫ではチーム戦も行われており
私たち「チーム マドネスジャパン」は幸先よく開幕戦を優勝でスタートできました!
チーム年間優勝目指して頑張ります!

c0123385_12473316.jpg


今年から始まる”JBⅡ東条湖プロアマ”にもプロ登録し挑戦することになっていますので頑張りたいと思います。最後にいつも刺激を与えてくれるマドネスプロチームのプロスタッフの先輩の皆さんに本当に感謝したいです。またこれからもこの感激を感じられるように頑張りたいと思います。
そしてマドネスフォーミュラーの絶大なる威力にも感謝です。

(タックル)

ロッド:6ftUL
リール:2500番
ライン:3lb
シンカー:A社DSトーナメント1/11oz
ルアー:3インチストレート
フック:4#マス針
その他:マドネスモフォーミュラー#モエビ スプレータイプ

【プロスタッフ 岩 一彦】
[PR]
by madpro | 2008-06-17 12:57 | 岩 一彦