カテゴリ:村下泰健( 3 )

マザーワーム2.5インチのジグヘッドリグのミッドストローリングテクで大型メバル劇釣!!

大阪湾!夜のメバル・ガシラ狙い

マザーワーム2.5インチのジグヘッドリグのミッドストローリングテクで大型メバル劇釣!!

c0123385_18343348.jpg


強風吹き荒れる中、風裏を探り探りで大阪湾をランガンで最後の大型メバルを狙いに行ってきました。信頼するナビゲーターの案内で次々とエリアを変えながら移動し数回目に入ったエリアで3.5lbラインにマザーワーム2.5インチ(クリアーカラー)ののジグヘッドリグをセットし
水深3~5mラインを流しながらボトム付近をスローにリーリングすると”ガン!っと”引ったくりのバイトが入りあがってきたのは良型のガシラでした。その後もガシラが数匹連続するもののメバルが出ない!

c0123385_18345941.jpg


c0123385_18354282.jpg


これは間違いなく浮いていると思いミドストに変更した途端!!”ドーン”と一発ラインが持っていかれるバイトにリールが”ギーギー”と鳴き60ULのロッドが思いっきりしなり!上がってきたのは尺に弱冠足らずの27cmのナイスなメバル!これだ!と思い ミドスト中心の攻めでキャスティング! 小さいバイトは毎キャストあるものの魚も小さいと思いフッキングせずにじっくりビックバイトを待っていると”ドーン”と一発入りました!来ました!今度こそ尺アップか!しかし上がってきたのは少し足らずの28cm! でもナイスファイトでした!この後もリーリングスピードを落とし底を狙うとガシラ。早めて浮かせるとメバルと続々ヒット!強風で足元も危なかったですが、楽しい釣行でした!マザーワームの2.5インチのソルトでの威力も計り知れないくらいものでした。今後のマザーワームソルトの発展に活かせればと思います。

c0123385_18361696.jpg


c0123385_18363451.jpg


c0123385_18364956.jpg


今後はロックフィッシュを狙いにはマザーワームをお供にいかがでしょうか! 
まもなく!マザーワーム2.5インチと4インチが待望の発売です。今月の末には店頭に並ぶ予定です!
ファーストリリースはクリアカラーなのでソルトでも試してみてください!

プロスタッフ  村下泰健
[PR]
by madpro | 2008-06-17 18:51 | 村下泰健

フィッシュアトラクテッドフォーミュラー(モエビ)の泡脱効果と散布効果でベイトを誘発!

JBマスターズウエスタンリーグ第4戦 岡山県旭川ダムにて
2日目に大船団の上流エリアでフィッシュアトラクテッドフォーミュラーの威力が爆発!
単日ながら2位に食いこむことが出来ました。

当日の上流エリアのコンディションは、クリアウォーターでおおよそ10m以内間隔で
ボートが並んでいるハイプレッシャー状態
それでも大型のバスが悠々とボート間を通り過ぎてゆくのが多く見られるほど
魚影は濃い!しかしまったく口を使わない超ド級のタフコンディション!

c0123385_17185455.jpg


しかし、このハイプレッシャーの中!フィッシュアトラクテッドフォーミュラーを毎キャストごとに振り
モエビエキスのパワーでベイトフィッシュを引き寄せバスを立ち止まらせることに成功し
1本目の40cmオーバーの1500gフィッシュをキャッチ!

c0123385_1724825.jpg


それでもプレッシャーは時間経過とともに大きくなり、ベイトの動きにもバスが反応しきれなく
なってきた。
c0123385_17193876.jpg


そこで、研究機関の調査でも生態的なバスの習性をフィッシュアトラクテッドフォーミュラー
ワームから泡状になって剥がれてゆく「泡脱効果」が影響をもたらすことがわかっていたので
フィッシュアトラクテッドフォーミュラーの振り量をいつもの何倍も多く振りかけボトボトの泡状態にし、
大岩の下に潜り潜むバスの目の前を目掛けてソフトアプローチを掛ける作戦に切り替えた
その直後に大岩の下に回ってきたバスの尾ビレが一瞬反応した!
再度、フィッシュアトラクテッドフォーミュラーを泡状態に包みキャスト!その瞬間!ラインが一気に走り!
大岩の反対側でジャンプ!今度もデカイ!と慎重にランディング!
キロアップのナイスキッカーフィッシュ!

この2本で2,630g 単日2位

c0123385_17182325.jpg


フィッシュアトラクテッドフォーミュラーの新しい使用法を発見しバスの生態を擽ることが出来たのが
今大会の最大の成果でした。
これから更なるテストを繰り返しフィッシュアトラクテッドフォーミュラーの新効果を見つけたいと思います

トーナメントプロスタッフ  村下泰健
[PR]
by madpro | 2007-10-30 17:24 | 村下泰健

JBマスターズウェスタン第3戦 参戦レポート

c0123385_10572137.jpg

c0123385_10575880.jpg

JBマスターズウエスタンリーグ第3戦に参戦してきましたのでレポートします。
1戦(東条湖)・2戦(旭川ダム)とまったくバスを見失ってしまい惨敗だったので今大会はウェイイン必至で挑みましたが、前日プラクティスが仕事の都合で入れず 前々週のプリプラで全湖
を見てまわった情報のみを頼りにスタートしました。

フライトは丁度真ん中だったのでプリプラで感触がよかった小森ワンドへ最初に向い先行者は数名いたものの予想よりは少ない状況でクランク・スピナーベイトなどのファーストムービング系で各岬 少し下げ気味の4mラインを中心にスモラバで狙いましたが反応なしでした。
そして小森ワンドの出口の岬付近の2mラインをジグヘッドリグをセットしミドストで通しているとガッツとひったくるようなバイトで小さいながらもキーパーサイズをキャッチしかし、その後は下流域のダムサイドまでランガンしましたが濁りがひどくノーバイトで初日を終了しました。

初日73位 どうにもならない最悪の結果ながら、まだ獲得できていない第5戦決勝戦出場権利獲得の可能性は2日目の結果次第ではあり得ると気持ちを切り替えて2日目を迎えました。

初日に下流域が濁りで攻略が難しいと見切り、狭いエリアであるが上流域に掛けることに決めスタート

最初は、フライトの関係もあり上流域へは入れないと踏み会場前少し下流エリアで上流域のボートの動きを気にしながらシャローを狙いましたが反応はなし、
そして8:00頃 上流域から5~8艇近いボートが降りてきたのを見て、上流域へ移動しました。しかし予想通りの混雑振りと初日の好釣果とは反対に渋い状況のように見えました

両サイドのショア側は先行者が狙っていたのでほぼキャストすることができず、エリア最上流部の旦土橋の下は中央のカレント部を挟むように両サイドにボートがポジションを取っていたので入れない状況 時折、良型のバスがベイトフィッシュを追う姿が見られ出ればデカイ!雰囲気が漂っていた中で、最上流部から少し下がった中央のカレント部にボートポジションをとった、中央部でありながら底にある大岩の影響もあり意外と流れは緩やかだったので
バイトチャンスを増やす為にフロロ4lbに
ファイナルヘブン5インチ高比重(プロト)のノーシンカーリグをセットし流れが分かれる当たりに
キャストしナチュラルドリフトで流れに乗せてバイトを狙いました。

すると直ぐに答えが返ってきました!2投目! グーんっと思い手応えと共にフッキング! 流芯の流れもありグングン!強烈な引き!最後にボート際での一気の突っ込みにも難なくランディングに成功!この日1本目の700g前後のナイスキッカーでした。
キモは、ドリフト中に左右にテールが振れる際に出るピンテールの微妙な小刻みな揺れ。
時合と感じすぐさまキャスティング!そして更にルアーを5インチワームに変えての4投目に今度は明確なバイトが”ゴン!” 1本目よりデカイと思わせる最初からのグングンとくるトルクフルな引きと下への一気の突込みにも強引なやり取りをしたが無事ランディング!キロ近いナイスフィッシュでした。

その後も同エリアを最後まで攻めましたがバイトはなく終了。
結果は2日目短日で9位 総合31位 初日のスタート失敗が大きく効いて総合は凡人で終わってしまいましたが、1日目終了時点で気持ちを切り替えて狙った決勝戦出場権利を獲得できたので悔しいながらも良い経験になった大会でした。 
プロスタッフの松村プロが見事3位入賞!年間暫定首位を走っています追いつきはしませんがしっかりと後を追って行きたいと思います。そしてなんとか最終戦そして決勝戦には取り残されずに頑張りたいと思います。

タックルデータ

(タックル1)
ロッド  64Lスピニング
リール 2500番
ライン フロロ 4.5lb
フック マス針2#
ルアー ファイナルヘブン5インチ(高比重プロト)グリーンパンプキン

トーナメントプロスタッフ  村下泰健
[PR]
by madpro | 2007-08-29 10:58 | 村下泰健