カテゴリ:松村真樹( 7 )

松村真樹プロ  広島県芦田川釣行レポート

4月11日(土)、広島県芦田川へ春のプリスポーンバスを求めて行ってきましたので報告します。
 
現地到着は早朝5時頃。神戸から3時間のロングドライブで芦田川下流域に到着しました。今回攻めるエリアは延々とリップラップが続くエリア。この時期最もプリスポーンバスが集まるというグッドスポットです。

広大なエリアを手返しよく探るためチョイスしたのはスピナーベイト。ロングキャストするために1/2ozをセレクトしてキャスト開始。もちろんフッキング向上のため、G社のトレーラーフック(#2 レッド)もセットしました。

リップラップに付いているであろうバスからの反応を得るために、水深、リトリーブスピードを変えてキャストを続けるも全く反応はありません。そうしているうちに9時30分頃、近くで同じくスピナーベイトをキャストしている友人にHIT!やはり予想通り居ました!プリプリのビッグプリスポーンバスが!キャッチしたのは53センチのグッドサイズ。予想は確信へと変わり、気合いを入れ直して再びキャストを開始しました。
c0123385_11372173.jpg



しかしこの後、バスからの反応がなく勝負は夕まずめに持ち越されました。

そして16時30分頃、再びバスからの反応を得たのは同行者でした。リップラップを丁寧にラバージグで攻略し40センチを少し越えるプリスポーンバスをキャッチ!私も負けじとT社 SHAG 12ポンドにラバージグをセットしてキャスト。水深約2mのリップラップエリアをスローに探ると17時頃にようやく「ゴン!」と明確なバイトがあり渾身のフッキング!慎重にランディングを行いキャッチしたのは47センチのグッドサイズ!
c0123385_11373924.jpg


その後も陽が落ちるまでキャストを繰り返しましたストップフィッシング。厳しいコンディションの中、貴重な1本をキャッチすることができ、ノーフィッシュを免れてホッとしました。

使用ライン
  T社 SHAG 12ポンド

使用フック
  G社 トレーラーフック #2 レッド
[PR]
by madpro | 2009-07-02 11:40 | 松村真樹

東条湖ウィンターリーグ最終戦 準優勝!

東条湖で開催されました「東条湖ウインターリーグ第5戦」に参戦してきましたので報告します。

 暖かい日が続き、東条湖の水温も12~13℃と春を感じさせる水温となり、プラクティスへは入れなかったものの上流部へ差してくるデカバスがいると予測してスタート後は最上流部へ直行しました。

c0123385_18151387.jpg


 まずは「イマカツフラット」周辺のシャローエリアを早いテンポで探るため、スピナーベイトをチョイス。確実にフッキングに持ち込むため、お気に入りのがまかつトレーラーフックをセット。トレースするコースを変えながら投げ続けるもバイトを得ることが出来ませんでした。次に強いリアクションの釣りへ切り替えるために「スーパーキラービル」のアユカラーをチョイス。岬のショルダー部分へキャストし強くトゥイッチを入れてルアーにヒラを打たせ、その後ポーズを入れるというアクションを繰り返しました。すると数頭目にポーズを入れていると引ったくるようなバイトがあり、フッキング!ランディングも成功し待望のファーストフィッシュをキャッチすることが出来ました。バネばかりで計測すると600gとナイスキーパーでした。

c0123385_18171230.jpg

 次にバックウォーター付近に広がるシャローエリアで再びスピナーベイトをチョイス。このエリアは冠水植物が点在し、この時期に実績のあるグッドスポット。プリスポーンのデカバスを求めてキャストを開始しました。そして11時過ぎ、岸際ギリギリにキャストして早い目のスピードでリトリーブ。水深は50㎝ほどで冠水植物の間をトレースすると、「バサッ」と水面が割れてバスがルアーへ猛アタック!しっかりとフッキングしてファイト開始。強烈な引き込みを感じてデカバスであることは明らか。トレーラーフックにもしっかり掛かっていることも確認。ライン強度重視したタックルセッティングだったので冠水植物に擦られても安心してデカバスとやり取りを行うことが出来て1800gのプリスポーンバスを難なくキャッチすることに成功しました!

c0123385_1817515.jpg

c0123385_18182724.jpg

c0123385_18191068.jpg

 しかしこの後、JBマスターズにも参戦している東条湖でもお馴染み若手のホープ片岡プロに2本目となるバスをキャッチされてしまい、二人で同じぐらいのウエイトかなぁ?と帰着・検量へ向かいましたが、結果2本で2620g、約300g程の差で2位。。。
c0123385_18193976.jpg

c0123385_18195029.jpg

残念な結果となりましたが、今回は春らしい釣りでプリスポーンのデカバスをキャッチすることに成功して楽しい一日となりました。
[PR]
by madpro | 2009-05-22 18:19 | 松村真樹

ジャパンスーパーバスクラシック2008入賞レポート

c0123385_1048669.jpg

4月11日(土)、12日(日)に山梨県 河口湖で行われました「ジャパンスーパーバスクラシック2008」に参戦し、15位に入賞することが出来ましたので報告します。

 この大会は昨年全国各地で開催されたJB・NBCトーナメントに於いて年間成績が上位の選手のみに参加資格が与えられる大会で、JBTOP50の選手はもちろん全国から強者が河口湖へ集まり2日間真剣勝負を行います。

(大会前日)
 事前情報では3月末に4箇所で合計1トンの放流が行われたとあり、戦略的には放流場所から散ったバスを探しつつ、個体の大きいネイティブバスを獲ることで上位に入れるだろうと予想することが出来ました。
 まずは放流場所の一つである「さかなやワンド」周辺へ向かいシャローの溶岩帯エリアをシャッドで流しましたが思うようにバイトが得られず、次に4lbラインに自作のスモールラバージグをセットしてミドストさせると微かに重量感を感じてフッキング!キャッチしたのは30㎝に届かない魚であるにも拘わらず800gと超メタボな放流バス。その後も時間いっぱいまで他の放流場所をチェックしてプラクティスを終了しました。

(大会初日)
 
c0123385_1048309.jpg

c0123385_10592415.jpg

 大会当日、天気は晴。スタートはファーストフライト。まず前日反応の良かった「グラブワンド」へ入りました。溶岩帯に付いているバスをサイトで狙い始めるとすぐに放流メタボバスを発見。3lbラインに現地で購入した実践初投入のポークルアーを1/8ozを使用したダウンショットにリグってキャスト開始。メタボバスの鼻先にルアーを送り込むとすぐにバイト!難なく1本目をキャッチすることが出来ました。しかし人気エリアのためプレッシャーからなのか前日より見えバスが減ってしまいました。それでは作戦変更と溶岩の張り出し部の水深3メートル付近をブラインドで攻めてみることにすると、バスの重量感を感じてフッキング!500gほどの放流バスをキャッチすることに成功しました。このあと反応がなくなったためエリアを変更することにしました。
 次に選んだポイントは前日も魚をキャッチすることが出来た「さかなやワンド」。やはりプレッシャーからなのか前日のように見えるバスは少なくなっており、バスの反応を確認するためISワスプ50を投入。トゥイッチ&ポーズで動かし、そして5秒ほどのポーズを入れている時にラインが走り出したので渾身のフッキング!ネットインに成功したのはこの日最大となる1キロ弱のナイスフィッシュでした。その後もキャストを繰り返しましたがバスをキャッチすることが出来ずに初日は3本で2052g、35位という結果となりました。
c0123385_110924.jpg


(大会2日目)
 最終フライトでしたがこの日も「グラブワンド」にすんなり入ることが出来ました。やはり見えバスの数は少なくなっていたので溶岩のくぼみ一つ一つを丁寧にポークルアーのダウンショットで探ると続けて2本の放流メタボバスをキャッチすることに成功!そして次に溶岩の岬の先端部分へ4lbラインに自作のスモールラバージグをセットしてキャスト。すると「ゴン!ギィー!」とバイトと共にドラグが唸りを上げて今までにない強烈なファイト!何とかネットへ収めることに成功!キャッチしたのは1400g位の待ちに待ったネイティブバス!その後すぐに同場所で1本追加した後、残り1時間余りでリミットメイクを目指し「さかなやワンド」へ移動。溶岩の隙間へポークルアーのダウンショットを滑り込ましてバイトを誘い、立て続けに3本キャッチでリミットメイクに成功!帰着時間が迫ってきたため会場へ戻ることに。
c0123385_1104281.jpg


 二日目のウエイトは7本で4675g!何と二日目単日2位!表彰式ではどこまで捲れたかと期待しましたが15位に入賞することが出来ました!完全にアウェーの河口湖で思うような展開に持って行くことが出来て満足しています。
c0123385_1111438.jpg


 またアマチュア部門ではいつも東条湖でライバルとして戦っている戦友で2007年度NBCオール兵庫チャンピオンカップの覇者黒阪選手が初めての河口湖で初日808g、二日目2956gと完全に攻略して総合4位に入賞しました!
c0123385_112684.jpg

[PR]
by madpro | 2008-06-26 11:04 | 松村真樹

NBCチャプター兵庫第4戦                       松村真樹プロ 優勝!

NBCチャプター兵庫第4戦  
MOTERWORM3インチ 
MATSUMRA SPECIALチューニング
「マザーインセクト」
(マザー虫)で圧勝!   
松村真樹プロ 優勝!
c0123385_13583216.jpg


大会前日は後輩と最上流部からチェックしました。リグは流行の「虫」。
用意したのは
マザーワーム3インチ(プロト)
カラーはホワイト、イエローの2色で
それぞれにシリコンラバーで虫チューニングを施して挑みました。
プレッシャーも少なく、虫ワームをキャストするとバスはイージーに口を使ってくれ、後輩の虫ワームにはグッドサイズのバスも掛かり、大会当日は最上流部しかないと確信してプラクティスを終了しました。
c0123385_1412964.jpg

大会当日はフライトにも恵まれて、前日のグッドポイントへすんなり入ることが出来ました。3lbフロロに前日好釣果を出してくれた「マザー虫」をワッキー用フックに刺してキャスト開始。しかし、人気エリアだ船団のため、プレッシャーからなのか前日のようなバイトが得られませんでした。表層では出ないのか??と考え、フックサイズを大きくし、表層から少し沈むようにチューンして再びキャスト開始。するとすぐに答えが返ってきました。「ゴン」とひったくるようなバイトがあり、キャッチしたのは600g位のナイスキーパー!さらに同サイズを1本追加することが出来て2本目。気持ちはかなり楽になりました。しかしこの後グッドサイズを3本掛けるもミスを連発。(涙)もうダメかと諦めかけましたが11時頃、明らかにデカバスのバイトを感じてフッキング!今度こそと慎重にランディングを行ってネットインしたのは1300gのキッカー!!リミット達成!!
c0123385_142266.jpg

この後、上流部ではバイトを得ることが出来ず、本湖へ移動してシャローエリアを流しましたが、300gほどのキーパーを2本獲ったものの入れ替えは出来ずにタイムアップ。勝利を確信して検量に挑むと3本、2490g。NBCチャプター兵庫通算5勝目を挙げることが出来ました。

c0123385_13585215.jpg

c0123385_1359916.jpg


使用タックル

ロッド   テムジン レベルストローク
リール   ダイワ イージス2004
ライン   東レ ソラローム スーパーハード ドリフトモデル 3lb
フック   がまかつ WORM318 Wacky
ルアー  マドネス マザーワーム3インチ(プロト) 
       マザーインセントチューン

      (ホワイトイエロー


トーナメントプロスタッフ  松村真樹
[PR]
by madpro | 2007-08-30 14:02 | 松村真樹

JBマスターズウェスタン第3戦 マザーワーム3インチで松村真樹プロ 第3位入賞!

c0123385_11202465.jpg

7/7(土)、8(日)に岡山県旭川ダムにてJBマスターズウエスタン第3戦に参戦して
3位入賞出来ました!大会の模様を報告させていただきます。

「大会会場の岡山県旭川ダムで上位に入るには絶対に上流は外されへんで!」とチームの仲間から言われていたのですが、この梅雨時期に旭川ダムが一度豪雨となれば激流となり上流パターンは崩壊するのではないかと考え、一週間前のプリプラクティス、大会前日のプラクティスではあえて上流を捨て、中流域をメインにキーパーの獲れるエリアの絞り込みを行いました。
結果プラクティスでは中流域の岩盤及び岬に500gぐらいのバスが多くストックされ、5本リミットも夢ではないと自信を持つことが出来ました。

(大会初日)
大会初日、スタート抽選の結果何と最悪の最終フライト(泣)。プラクティスで中流エリアが熱いことを掴んでいるだけに最終フライトとは・・・。
ほとんどの選手がポイントへ向い、やっと自分の順番がやってきました。さあプラクティスで好釣果を出してくれた中流域へ向かおうとしたその時、プラクティスでも触っていないスタートエリア付近の岩盤エリアが妙に気になり、エンジンを掛けることなくエレキでその気になる場所へ移動しました。4lbフロロに ”マザーワーム3インチ”+1/32ozネイルシンカーをセットした今年大活躍のネコリグをキャストすること2投目に「ゴン!」と明確なバイト!上流部の流れ+旭川ダムのバスの強烈なファイトにも耐えてキャッチしたは1300gぐらいのナイスキッカー!スタート直後にキッカーが獲れたことで気分が楽になりました。
 その後、当初予定していたポイントへ移動し、流れ込み+岩盤のいかにもというエリアで先程と同じリグをキャスト。すぐにバイトがあり、慎重にランディングしてネットインしたのは予定通りの500gアベレージサイズ。すぐ後に同場所で同じサイズを1本追加してさらに下流の小森ワンド付近へ移動しました。
 小森エリアでも岩盤部でキャストを繰り返して小型でしたが貴重な4本目を追加。予想のウエイトでは2500gに達したであろうと思い、残りの時間を翌日のプラクティスにあて、4本で帰着しました。
ウエイトは2606g、初日8位と好位置につけました。


(2日目)
 この日のスタートは昨日とは全く逆の1番手スタート。何とか早い時間に1本獲り、気分的にも楽になりたいと考えていました。目指す場所はもちろんプラクティスから叩き、前日も好釣果を出してくれた自信のある中流エリア。まずは前日も2本キャッチ出来た流れ込み+岩盤のエリアに到着。辺りを観察すると流れ落ちる小さな滝のすぐそばにある岩盤際に黒い魚影を確認。4lbフロロに”セブン4インチ”のライブベイトリグを魚影に向かってキャスト。「ピクピク」動かすと「ドカーン!」とバイト!!慎重にやり取りしてネットインしたのは750gのグッドサイズ。この日も開始早々魚をキャッチ出来たことでかなり楽になりました。
そして続けて前日から好釣果を出してくれているネコリグを岩盤際にミドストさせるとすぐにバイト!慎重にやり取りを重ねて魚を確認すると「でかい!」。ネットインしようとしたその時に旭川ダムの強烈な引き込みがあり、ドラグ調整を失敗して何とラインブレイク・・・(涙)これで終わったかと思いましたが時間はまだまだあると自分に言い聞かして再度同じリグをキャストし続けました。しばらくすると先程の良型とまではいきませんが500gほどのアベレージサイズをキャッチすることに成功!ウエイトは1200gぐらいでしたが、当初から1日2キロを予定していたので諦めずにキャストを繰り返しました。しかしこの後バイトを得ることが出来ずに2本でウエイン。2日目は1318gと納得出来ないウエイト。賞金獲得には微妙なウエイトで足取りも重く仲間達と表彰式へ向かいました。
c0123385_11211468.jpg

c0123385_11214199.jpg


 表彰式が始まり入賞圏内である15位からコール。なかなか自分が呼ばれず結局呼ばれたのは何と驚きの3位お立ち台!2日目は予想以上に釣れていなかったようでここまで順位を上げることが出来ました。 マスターズも3戦目まで終了し、初参戦にして 第1戦 優勝 第2戦 14位入賞 第3戦 3位 と全戦で入賞することが出来ています。最終戦を残して暫定首位!ここまで来たらマスターズウエスタンAOYを目指したいと思います!

【タックルデータ】

○ロッド  6ftULX

○リール 2004番

○ライン  4lbフロロ

○フック  ワッキー用フック

○シンカー 1/32ozネイルシンカー

○ルアー  ●マザーワーム3インチ クリアーウォーターメロン(プロト)        ●セブン(ホワイト)
フォーミュラー マドネス フォーミュラー スプレータイプ(モエビ)

トーナメントプロスタッフ  松村真樹
[PR]
by madpro | 2007-08-29 11:22 | 松村真樹

松村真樹プロ レポート                   JBマスターズ第1戦制覇!!

マスターズ戦が行われる予定だった旭川ダムが減水によってボート昇降が不可能ということで会場を私のホームグランドである東条湖に変更!何とマスターズ戦初参戦にして優勝出来るとは夢にも思っていなかった。本当にラッキーとしか言いようがなかった。今大会は本当に運が良かった。実は試合当日の朝5時まで大阪にて仕事が入っていたため、当然旭川開催となるとスタートには間に合わなかったのだが、東条湖開催に変更となったお陰で楽々スタートに間に合った。
c0123385_17255994.jpg

迎えたマスターズ戦前日プラクティスでは、最悪の体調不良。。。仕事を休んでいることもあったので午後から少しの時間湖を見て回っただけ。やはりシャローにはネストが見られたが100人を超える選手に叩かれるため「間違いなくこのパターンは崩壊する!」と確信し十分ネスト以外で勝負出来ると思いプラクティスを終了した。

大会初日、フライトはファーストフライト、プラクティスから上流部に魚が多いことがわかっていたので機動力を生かして最上流部へ。ポイントへ到着するとすでに多くの選手がシャローに完全ロック状態。さすがに見えている魚を狙っているため早々と釣られるのではないかとドキドキしながら自分もキャスト開始。まず最初に攻めたのは第1インレットの岬。リグはマザーワーム3インチ(プロト)にネイル1/64ozを挿入したネコリグ。

人気エリアのためすでに大船団、プレッシャーからなのか、なかなか反応を得ることが出来ず、何気なくあたりを見渡しているとすぐそばに「ぼー」っと黒い大きな物体が浮いていた。すぐにその物体は水中へ消えてしまい「バスかぁ??」と同リグをキャストするとスプールが「ギ~ッ」と悲鳴をあげてラインが走り出したが確実にフッキングも決まり、やり取りの中で明らかにデカバスであることがわかり、慎重にランディングを行った。途中ボートのフェンダーにも巻かれてしまったが、無事にランディング成功!キャッチしたのは2375g 51センチ、東条湖ではスーパーヘビー級のバスであった!突然の出来事に足も「ガクガク」と震え、しばらく放心状態。ここ最近の東条湖、先週のチャプター結果からもこの1本で間違いなく初日を上位に付けることが出来るだろうと判断し、残りの時間を翌日のプラへ充てることにした。
そして検量を行い結果初日2位と好発進することが出来た。
c0123385_17262953.jpg


そして迎えた2日目。フライトは2番目と遅い方であった。この日もネスト以外で戦う予定だった。スタート直前まで上流へ向かおうと思っていたのだが、急に本湖に浮いている「Hドック」が気になり、急遽作戦を変更させ、「Hドック」へ向い1番に入ることが出来た。ここは前週のチャプターでも魚をキャッチ、日頃からよく攻めている得意なポイント。ストレートワームにネイル1/64ozをセットしたネコリグをドック内側の壁沿いにキャストしミドストさせること数投目、「ぐぅ~」と重量感が伝わり、すかさずフッキング!ランディングも成功!ファーストキャッチは600g後半のナイスバス。スタートして数分で早くも1本目がキャッチ出来たことでかなり気分が楽になった。続けて同ポイントを2時間ほど攻めたが反応を得ることが出来ず、気分を変えるため前日、先週と調子の良かった最上流部へ移動した。
最上流部「イマカツフラット」に到着するとやはり人気エリアのため大船団。しかし周りではロッドが曲がっている様子もなく、不安な気持ちになりながらもこのエリア北側のチャンネルを狙いだした。このチャンネルは両サイドをシャロー、イマカツフラットと挟まれており、ネストを作りに差してくる魚には絶好のコンタクトポイントである。
今大会メインで使用しているマザーワーム3インチ(プロト)のネコリグを中層スイミングさせて誘ってみた。すると「ぐぅ~」と重量感と生命感が伝わってきたのでフッキング!キャッチしたのは500gぐらいの貴重な追加のバス!これで2本目、プレッシャーから厳しい試合を予想していたので2日目の目標はキロ越えとしていたが、自分で検量した感じでは何とか達成することが出来たと思っていた。しかし勝つためには更にウエイトを伸ばさないといけないと思い時間ギリギリまでキャストを繰り返したがこのまま2本でタイムアップ。
c0123385_17271223.jpg


ウエイン会場へ向かい検量を行うとウエイトは1190g!周りから「微妙なウエイトやな~」と冷やかされ、ドキドキしながら表彰式へ。
 当日は15位から表彰が始まり、上位入賞していることは確信していたが、なかなか呼ばれず、とうとう2位発表。しかし呼ばれず!そして最後にコール!まさかの優勝!!
ネスト戦必至と言われながらも今までの経験を生かして他のパターンを見つけ出し、ホームグランド東条湖で優勝出来たことは本当に嬉しかったです。
c0123385_17275871.jpg

c0123385_17281091.jpg



 今大会は、メインルアーのマザーワームのポテンシャルに助けられました。次戦からもがんばります。
c0123385_17293248.jpg


タックルデータ
タックル1. 
ロッド  テムジン ソリッドエアリアル SLMX
     リール  ダイワ イージス 2004
ライン  東レ ソラローム スーパーハード ドリフトモデル 3lb
フック  がまかつ WORM318Wacky(レッド) #3
シンカー アクティブ MSトーナメント 1/64oz
ルアー  マドネス マザーワーム 3インチ(プロト) クリアーウォーターメロン
その他  マドネス フォミュラー モエビ (スプレータイプ)

タックル2. 
ロッド  テムジン ソリッドエアリアル LMX
     リール  ダイワ イージス 2004
ライン  東レ ソラローム スーパーハード ドリフトモデル 3lb
フック  がまかつ WORM318Wacky(レッド) #3
シンカー アクティブ MSトーナメント 1/64oz
ルアー  レイン スワンプミニ ブルーギル
その他  マドネス フォミュラー モエビ (スプレータイプ)


トーナメントプロスタッフ  松村真樹
[PR]
by madpro | 2007-04-29 20:19 | 松村真樹

マザーワームでキッカーゲット!NBCチャプター兵庫第1戦 3位入賞!!

4月15日(日)に東条湖で開催されたNBCチャプター兵庫第1戦「ポパイ250加古川店CUP」に参戦し、3位入賞しましたので報告します。
 今大会は翌週のJBマスターズウエスタン第1戦を想定した完全プラクティス本気モード。プラクティスで全湖をぐるっと見てみると所々にネストを発見することが出来たが、まだまだ完全にその時期ではないと感じた。
c0123385_1795576.jpg


(大会当日)
 迎えた大会当日、天候は晴れ、前日のプラクティスから魚は完全に浮いていると感じていた。まず前日反応の良かった本湖の「Hドック」へ。西側の壁沿いへ4lbフロロにマザーワーム3インチ(プロト)をセットしたものをキャスト。得意の中層スイミングで誘いをかけると「ゴン」と明確なバイトが伝わってきたのですかさずフッキング!慎重にやりとりを行って何とかネットに収め、計ってみると1200gのキッカーフィッシュ!スタート直後の出来事で自分でもビックリだった。

 その後本湖を回るもなかなか魚の反応を得ることが出来ずに最上流部へ向かうことに。11時過ぎ、スピナーベイトをセットし、第1インレット向かい側の岩盤部へキャスト開始、数投目に「ゴン!」と明確なバイトがあり、ランディングも成功!500gぐらいの貴重な2本目のバスを獲ることが出来た。

 この後も上流部を活性の高い魚を求めてキャストを繰り返しましたが2本のままでタイムアップ。ウエイトは1700g、3位に入賞することが出来た。


c0123385_17103858.jpg

c0123385_171103.jpg


タックルデータ
ロッド  テムジン ソリッドエアリアル SLMX
リール  ダイワ イージス2004
ライン  東レ ソラローム スーパーハード ドリフトモデル 4lb
東レ ソラローム スーパーハード アップグレード 12lb
フック  がまかつ WORM318Wacky(レッド) #3
シンカー アクティブMSトーナメント 1/64oz
ルアー  マドネス マザーワーム3インチ(プロト)
     スピナーベイト3/8OZ
その他  マドネスフォーミュラー スプレータイプ(モエビ)


トーナメントプロスタッフ  松村真樹
[PR]
by madpro | 2007-04-18 14:08 | 松村真樹