松村真樹プロ  広島県芦田川釣行レポート

4月11日(土)、広島県芦田川へ春のプリスポーンバスを求めて行ってきましたので報告します。
 
現地到着は早朝5時頃。神戸から3時間のロングドライブで芦田川下流域に到着しました。今回攻めるエリアは延々とリップラップが続くエリア。この時期最もプリスポーンバスが集まるというグッドスポットです。

広大なエリアを手返しよく探るためチョイスしたのはスピナーベイト。ロングキャストするために1/2ozをセレクトしてキャスト開始。もちろんフッキング向上のため、G社のトレーラーフック(#2 レッド)もセットしました。

リップラップに付いているであろうバスからの反応を得るために、水深、リトリーブスピードを変えてキャストを続けるも全く反応はありません。そうしているうちに9時30分頃、近くで同じくスピナーベイトをキャストしている友人にHIT!やはり予想通り居ました!プリプリのビッグプリスポーンバスが!キャッチしたのは53センチのグッドサイズ。予想は確信へと変わり、気合いを入れ直して再びキャストを開始しました。
c0123385_11372173.jpg



しかしこの後、バスからの反応がなく勝負は夕まずめに持ち越されました。

そして16時30分頃、再びバスからの反応を得たのは同行者でした。リップラップを丁寧にラバージグで攻略し40センチを少し越えるプリスポーンバスをキャッチ!私も負けじとT社 SHAG 12ポンドにラバージグをセットしてキャスト。水深約2mのリップラップエリアをスローに探ると17時頃にようやく「ゴン!」と明確なバイトがあり渾身のフッキング!慎重にランディングを行いキャッチしたのは47センチのグッドサイズ!
c0123385_11373924.jpg


その後も陽が落ちるまでキャストを繰り返しましたストップフィッシング。厳しいコンディションの中、貴重な1本をキャッチすることができ、ノーフィッシュを免れてホッとしました。

使用ライン
  T社 SHAG 12ポンド

使用フック
  G社 トレーラーフック #2 レッド
[PR]
# by madpro | 2009-07-02 11:40 | 松村真樹

東条湖!春のビッグバス祭り!に行ってきました!

c0123385_13163231.jpg

先日、春のビッグバス祭りに行ってまいりましたのでご報告いたします。
もうすすっかり春爛漫、初夏の暑さも感じられる日々が続いてましたが、この日はあいにくの雨(泣)
冷たい雨で湖にどう影響与えてるのか不安を抱えつつ釣り開始です。
この時期のビッグバスへの近道は『サイト』ですが雨と風で少し厳しいのでスーパースレッジをドラッギングで
様子見で引くことにしました。
水面に目をやりながら本湖のシャロー(1~3mほど)を流していきます。
するとほどなくバイト!池跡ワンド岬付近でバスがアタック!残念ながらフッキングできませんでしたが魚影から
40UPであることは間違いありませんでした!ん~残念!
さらにボートを進めていくと段々畑付近で35cmほどのバスが釣れました!ルアーのリップを底にゴリゴリ当ててくると
ひったくるように持っていきました。そんなに大きなサイズではありませんでしたがお腹パンパンにエサを食べているようでした。
このシャッドのドラッギングでさらに釣りを続け藤木フラット~サーフィンワンド入り口の岬でこの日最大の48cmのブリブリバスをゲット!
その対岸で45cm弱のこれまたナイスサイズのバスをゲット!
この日は風が強く釣れたシチュエーションはいずれも風の当たる岬周りでした。目では確認できませんでしたがおそらく
ベイトフィッシュが風で寄せられ、雨でシャローへの警戒心が低くなったことが好影響したのだと思います。
その後はサイトで見つけたデカバスを2本フッキングまで持ち込みながらジャンプ一番バラシをしてしまいました。
c0123385_1317728.jpg

営業時間いっぱいまでがんばりましたがこの日は3本で終了。
同日に上流域でスピナーベイトで50UPを釣り上げたアングラーもおり、巻物でもビッグバスが釣れる可能性もあります。
サイトするにもかなりのバスがシャローで見受けられましたので楽しい釣りができると思います。
皆さんも春の東条湖ビッグバス祭りへ是非お越しください!

【使用タックル】
・ロッド・・・ G社443S
・リール・・・2000番台
・ライン・・・フロロ5ポンド
・ルアー・・・EG社スーパースレッジ
[PR]
# by madpro | 2009-06-06 13:17 | 福永 治

東条湖ウィンターリーグ 第4戦 トーナメントレポート

c0123385_22335837.jpg


真冬の2月に開催された、東条湖ウインターリーグに参加してきました。

1月開催の同大会第3戦「マドネスジャパンCUP」に初めて参加し、

真冬の東条湖の洗礼を受けリベンジに再び東条湖へ挑戦することを

決意しスタートしました。
c0123385_22372726.jpg

当日は水温5.3℃と真冬そのもののレイクコンディション!

しかしまずはシャローを探ろうとシャローからビッグベイト、ライトリグで

探るも魚影すら見えない。
c0123385_22385813.jpg

冬の定番、ディープも探り本湖を流すが魚探に写る魚も薄く微妙な感じ。

しかしそこはこれまで布目で鍛えた忍耐力で流し続けていると、

本湖池跡ワンドの岬に微妙に動いた影を発見!!!

まさか?と思いながらボートポジションをゆっくりとショア側へ移動して

みると巨大なバスが!!!
c0123385_22392676.jpg

ゆっくり引き波を極力抑えてボートポジションを取り直して、

アプローチしていると魚は逃げることなく、だんだん、岸際で止まって

くれました。

すかさず、ヘビーダウンショットを岸際からソフトアプローチで投入し、

少し誘うと!!一撃! リアクションバイトで一気にラインが走りました

が、無事にランディング!

上がってきたのは なんと!55cmのビックバス!!

c0123385_22413534.jpg

c0123385_22421127.jpg

ウェイトはあまり乗りませんでした。真冬の東条湖は想像どおりに

厳しくなんとか3位に入賞できました。

c0123385_22423299.jpg

そして念願の盾を取ることができ、東条湖でお立ち台に立てたことは
c0123385_22431251.jpg

最高でした。

真冬のシャローに破壊力が潜んでいることを体感できたことは

大きな経験になりました。
[PR]
# by madpro | 2009-05-31 22:43 | 木村義之

東条湖ウィンターリーグ最終戦 準優勝!

東条湖で開催されました「東条湖ウインターリーグ第5戦」に参戦してきましたので報告します。

 暖かい日が続き、東条湖の水温も12~13℃と春を感じさせる水温となり、プラクティスへは入れなかったものの上流部へ差してくるデカバスがいると予測してスタート後は最上流部へ直行しました。

c0123385_18151387.jpg


 まずは「イマカツフラット」周辺のシャローエリアを早いテンポで探るため、スピナーベイトをチョイス。確実にフッキングに持ち込むため、お気に入りのがまかつトレーラーフックをセット。トレースするコースを変えながら投げ続けるもバイトを得ることが出来ませんでした。次に強いリアクションの釣りへ切り替えるために「スーパーキラービル」のアユカラーをチョイス。岬のショルダー部分へキャストし強くトゥイッチを入れてルアーにヒラを打たせ、その後ポーズを入れるというアクションを繰り返しました。すると数頭目にポーズを入れていると引ったくるようなバイトがあり、フッキング!ランディングも成功し待望のファーストフィッシュをキャッチすることが出来ました。バネばかりで計測すると600gとナイスキーパーでした。

c0123385_18171230.jpg

 次にバックウォーター付近に広がるシャローエリアで再びスピナーベイトをチョイス。このエリアは冠水植物が点在し、この時期に実績のあるグッドスポット。プリスポーンのデカバスを求めてキャストを開始しました。そして11時過ぎ、岸際ギリギリにキャストして早い目のスピードでリトリーブ。水深は50㎝ほどで冠水植物の間をトレースすると、「バサッ」と水面が割れてバスがルアーへ猛アタック!しっかりとフッキングしてファイト開始。強烈な引き込みを感じてデカバスであることは明らか。トレーラーフックにもしっかり掛かっていることも確認。ライン強度重視したタックルセッティングだったので冠水植物に擦られても安心してデカバスとやり取りを行うことが出来て1800gのプリスポーンバスを難なくキャッチすることに成功しました!

c0123385_1817515.jpg

c0123385_18182724.jpg

c0123385_18191068.jpg

 しかしこの後、JBマスターズにも参戦している東条湖でもお馴染み若手のホープ片岡プロに2本目となるバスをキャッチされてしまい、二人で同じぐらいのウエイトかなぁ?と帰着・検量へ向かいましたが、結果2本で2620g、約300g程の差で2位。。。
c0123385_18193976.jpg

c0123385_18195029.jpg

残念な結果となりましたが、今回は春らしい釣りでプリスポーンのデカバスをキャッチすることに成功して楽しい一日となりました。
[PR]
# by madpro | 2009-05-22 18:19 | 松村真樹

シーズン開幕前のスピナベ修行?

シーズンインも間近の3月中旬、ホコリを被っていたタックルを取り出し、メンテナンスしたついでに
近所の小さな川に釣りに行きました。釣りといってもしばらく振ってなかったベイトタックルのキャスト練習
のつもりで出かけたのですが・・・
このポイントは幅も狭く水深も深いと所でも1mそこそこという狭い水路ですがなぜかバスのいる穴場です。
とはいえ3月中旬の気難しい季節、釣れればラッキーくらいのノリで投げていると・・・
釣れました(笑)意外とあっさりと!結構エサ食ってるようでした。水深が無いポイントなのでほぼガーグリングで
水面直下を通していくとバイトがたまにあります。しかしなかなかフッキングにいたらないので「がまかつ」のトレーラーフックをつけるとようやくノリました!これも35cmくらいのナイスバスです。
c0123385_13535452.jpg

キャスト練習のつもりがラッキーにも釣れてしまい、1時間の予定が2時間もひたすらスピナベを投げ続けました。
その甲斐あって最後に一本40UPGET!!
c0123385_1354378.jpg


翌週も同じように出かけバス君を釣り上げることができシーズンインを前に徐々にエンジンがかかってきました!!
しかしこの日はバラシも多く、まだまだ釣り勘が戻るには時間がかかるかな??
c0123385_1355384.jpg



【タックルデータ】

・ROD・・・ベイト66

・REEL・・・右巻き1000番

・LINE・・・EG社マジックハードEX 12ポンド

・LURE・・G社・D社スピナーベイト3/8oz

・その他・・・G社トレーラーフック#1
[PR]
# by madpro | 2009-05-20 14:00 | 福永 治

谷口聡プロ NBCチャプター西三重 2009年開幕戦! 優勝!

チャプター西三重第1戦に参戦して来たので報告します。

c0123385_19183529.jpg


3月の布目ダムはバスのポジションを掴むことが非常に難しく、大事な初戦ということもあり、プラクティスは3日間入りました。
しかし、これといったポイントもパターンも掴むことが出来ず、当日は前日に一番ベイトの反応が良かったダムサイト側のワンドの入り口水深7mラインをメインポイントにし、水温の上がる時間帯からはカバーを攻める戦略を立てていました。

そして、スタートして目当てのポイントへ向かったのですが、当日は南風(プラでは北風)でブイがかなり北側に寄っていたため、プラクティスでは狙えなかった水中岬が狙える状況にあったので急遽、水中岬へ。
しかし、思った程ベイトの反応が良くなかったため、すぐにメインのポイントへ移動しました。

メインエリアへ到着して魚探を確認すると、ベイトの反応が薄かったため、回遊してくるの待つ間、カバー撃ちをしようとテキサスリグを数投した時、コンっと明確なバイトが!
慌ててフッキングすると強烈な絞込み!!
姿を見た瞬間、思わずデカーっと叫び、何とかランディングし、再度雄叫び!!
まさかのビッグバスに震えました。

この1本でディープは捨て、カバー撃ち1本に絞り、今日の1本や過去の実績からレイダウンの絡むカバーをランガンしました。
残り時間でもう1バイト獲ることが出来たのですが、ラインを木に巻かれラインブレイク・・・
結局1本のみのウェイインとなりました。

結果は53センチ
2,550g
で優勝!!最高のスタートを切ることが出来ました。

c0123385_1918564.jpg



<タックルデータ(テキサスリグ)>
ロッド:6.7ft
リール:ベイトリール
ライン:16lb
ルアー:ホッグ系
シンカー:タングステン7g
その他:フィッシュ アトラクテッド フォーミュラ(モエビ)
[PR]
# by madpro | 2009-05-19 19:21 | 谷口 聡

布目ダム マザーワーム4+モエビフォーミュラーで2キロオーバー捕獲成功!!

布目ダムへ行って来ました。
湖の状況は満水で週末の雨風で水温が2~3度下がっており12度でした。
朝一はシャローフラットを中心に探って行ったのですが、全くノー感じ・・・
そこでテキサスリグのカバー撃ちに切り替えることに。
水温低下の影響でバスの活性が低いことも考慮し、
ルアーにはフィッシュ アトラクテッド フォーミュラ(モエビ)を振り掛けました。
すると、すぐに反応があり、バイトがブッシュのかなり奥だったため、浮き竹等にラインを巻かれましたが、何とかランディング。
48センチ、1600gのナイスバスでした。

c0123385_2011195.jpg


しかし、水温低下の影響もありバスのレンジ、活性ともに低いみたいで後が続きません・・・
3時を過ぎた頃から魚が浮いてきて、浮きゴミの下に40UPを発見し、マザーワーム4インチ(ギルカラー)のネコリグを投入すると即バイト!
しかし、ドラグがゆるゆるでジャンプ一番でフックオフ。
 その後もテキサスリグでカバーを撃って行くとバイトが!
しかもデカバスの重量感。
すぐにカバーから引きずり出し、沖へ誘導し無事ランディング。
今年3本目の50UP!
53センチ
2キロオーパー


c0123385_2014094.jpg


その後600gのバスを追加して終了。
1本バラしたのは残念でしたが、50UPが釣れたので楽しい釣行になりました。

タックルデーター(テキサスリグ)
ロッド:6.7ft
ライン:フロロ16lb
シンカー:タングステン8.8g
ルアー:3.5インチホッグ系
その他:フィッシュ アトラクテッド フォーミュラ(モエビ)
[PR]
# by madpro | 2009-05-18 20:02 | 谷口 聡

夏の三重県青蓮寺ダムで マザーワーム2.5爆発!

青蓮寺ダムに釣行してきましたので、報告します。

c0123385_1815349.jpg


c0123385_18153615.jpg

連日連夜猛暑が続く中、当日朝からけだるい暑さなので、まずはバックウォーターにはいりました。水深1m グッドサイズが確認できる中。セブンでカレントの微妙なあたりをながすも、もうひとつというところでバイトにいたりません。水深を少し落としてチャンネルを魚探でさぐると、カーブしているアウトサイドに反応がありましたので、新製品のマザーワーム2.5インチ鮎カラー(ダウンショット)を投入すると、一投目から衝撃のッバイトが!幾度かのつっこみをいなしてあがってきたのは、ナイスプロポーションの47cm。再度、フォーミュラーモエビをかけて投入すると、フォーリングで46cmが!この後、40up1本と30up数本追加となりましたが、暑さのため終了としました。
今回の釣行で、2.5インチマザーワーム 一口サイズで、破壊力は横綱級というのが実感できました。
[PR]
# by madpro | 2009-05-04 18:15 | 木村義之

晩秋の奈良県布目ダム マザーワームで満喫!!

晩秋の布目ダムでチャプター西三重メンバーとトーナメントを開催しましたので報告させて頂きます。

c0123385_189843.jpg


c0123385_1892234.jpg


当日は先週からの冷え込みと当日の雨でバスのポジション、食い気ともに下がりぎみなのか、魚探でバス&ベイトの反応があるポイントをシューティングで狙うもなかなかバイトがない状態でした。
周りの選手もかなりのショートバイトに苦しんでおり、事前情報では爆釣とのことだったのですが期待はずれ・・・

そんな中、支流の水中島の周りにバスが回遊してくるパターンを掴み、1日そこで粘ることにしました。
狙うポイントは水深9~12m、リグはダウンショット。
ワームはマザーワーム、フックはウィードショット8、シンカーは1/8。
このセッティングの理由はバスの食いが渋く、スローに攻めると口を使わず、すぐにルアーを話すため、リアクションと違和感なくルアーを食わせ、確実にフッキングするためです。
マザーワームはスラントヘッドが水を受けることにより、マザーワームの本来のナチュラルな動きに更に動きが加わりリアクションで誘うことができ、ウィードショットはカモフラージュグリーンで水に馴染み易いため、フックの気配を消し、違和感なくバイトしてくるとともに確実にフッキングすることができます。
このセッティングのお陰で渋い状況化でも10本のバスを釣ることが出来ました。
そしてトーナメントの結果は13名中4位でした。


タックルデーター
ロッド:6.2ft 
ライン:フロロ4lb
フック:odzウィードショット8
ルアー:MADNESSマザーワーム2.5インチ(アユ)3インチ(シナモン)
シンカー:タングステン1/8
[PR]
# by madpro | 2009-05-04 18:09 | 谷口 聡

南中一樹プロ NBCオール兵庫2008総合4位入賞レポート

マドネスルアーテスターの南中です。

「NBCチャプターオール兵庫チャンピオンカップ2008」に参戦し、総合4位に入賞することが出来ましたので報告します。

c0123385_1831996.jpg


今年で4回目となる「NBCチャプターオール兵庫チャンピオンカップ2008」は、本年度チャプター兵庫・北兵庫・ヒューマン大阪校の3チャプターのいずれかで出場権利を獲得した人、または、 最終予選会で出場権利を獲得した人のみが出場できる変則的な2DAYの大会で、その年の真の兵庫県NBCトーナメンターの頂点を決める大会です。(個人成績とチーム成績の両方の競技を行う)

1st ラウンド   10月 5日(日)兵庫県・東条湖

2nd ラウンド   10月12日(日)兵庫県・生野銀山湖


1st ラウンド 東条湖戦

今年の東条湖は、クオリティフィッシュがかなり釣れているらしく、ここでウエイトを伸ばさないと上位入賞はあり得ないと考え、プラもかねて 9月23日の「オール兵庫チャンピオンカップ最終予選会」にも参戦してきました。2日前に、警報が発令されるほどの大雨のため、水位も -18M から -14Mと一気に増し、水質は泥水をかき混ぜたような色になっていました。この様な状況の中行われたトーナメントで、リミットメイク、入れ替えをする事が出来、3匹 1,310g で4位 入賞する事が出来ました。
この日は、ディープが全くの沈黙で、シャロー(3Mまで)を ダウンショット「リングワーム(グリパン)+マドネス フィッシュフォーミュラ モエビ」のフォール・ステイ・ズル引き で結果を出すことが出来ました。

10月4日の前日プラでは、水位も -10M 水質も ステイン と変わっていました。
本湖をメインに、シャロー、ミドル、ディープと チェックし、3匹のキーパーを手にしました。後はどのようにしてキッカーを入れるか・・・

10月5日 1st ラウンド 当日、天気予報では昼から下り坂と言っていたが、会場に到着するなり雨が降り出してきました。スタートはファーストフライト。まず前日反応の良かった「池跡ワンド」前に入るが、なかなかアタリが無い。ようやく9:30頃 5Mラインをダウンショット「リングワーム(グリパン)+マドネスフィッシュフォーミュラ モエビ」をズル引いていると アタリははっきりとは出ず、少し重たくなったような感じがしたのであわしてみると、キーパーぎりぎりの約230gを手にすることが出来た。その後少し移動し、11:30頃 第一ワンド前の 11Mから13Mのブレイク?でダウンショット「サタンワーム(グリパン)+マドネスフィッシュフォーミュラ モエビ」のフォールではっきりとアタリがあり、慎重にネットにおさめ、約400gを追加する事が出来た。12:00も回りこのままでは、ウエイトが伸びないと考え、ライトリグからラバージグに持ち代え キッカーを狙うことにした。 再度 少し移動し、のっぺりとしたバンクの一部に岩が混じる部分があり、そこを 「ラバージグ(ライトブラウン)3/8 + クローワーム(ジュンバグ) + マドネス フィッシュフォーミュラ モエビ」をダウンヒルで狙っていると、「コツ・スー」っと食い上げて横に走るようなアタリがあり、ラインスラッグを取りフッキング 先ほどとは 遥かに違う重量感 このバスを一気に抜きあげる。キッカーとなるキロフィシュを手にすることが出来た。 しかし、その後が続かず帰着となった。
c0123385_1822482.jpg

c0123385_1823912.jpg

c0123385_1825626.jpg


結果  3匹 1,645g で3位となり 2nd ラウンドに繋ぐ事が出来ました。


2nd ラウンド 生野銀山湖戦

10月11日の前日プラでは、銀山湖を一回りするも釣れるのはノンキーとギルのみ、再度、気になるポイントをチェックするもノーバイトでプラを終える事になった。

10月12日 2ndラウンド 当日 まず最初に向かったのは下流域の岩盤と立木が絡むポイントに入り、9:20頃、8M~10Mをダウンショット「ストレートワーム(グリパン)+マドネス フィッシュフォーミュラ モエビ」のフォールで待望のアタリがあり、慎重にネットに納めることが出来た。約400g その後、同じポイントで約230gを追加。 10:30までそのポイントで粘るが移動 最下流まで行くが・・・ 再度 移動し、宮の谷の岬で11:20頃 3匹目 約230gをダウンショット「ストレートワーム(グリパン)+マドネス フィッシュフォーミュラ モエビ」のステイで追加する事が出来た。帰着時間30分前に今度は、シェイク中にはっきりとしたアタリがあり、4匹目となる 約300gを追加することに成功 しかし、この魚がライブウェルの中でひっくり返っている。
この魚をケアするが状況が変わらない、5匹目を狙うか? 完全デッドになる前に帰着、検量するか? 悩んだ結果 帰着する事にした。 一番最初に帰着し 早々に検量に持ち込んだ  気になる検量結果は 1193g しかし、死魚判定で -100gとなり 1093gとなった。



結果  4匹  1,093g で5位となる事が出来ました。


総合成績  4位  2,738g  7匹  81ポイント


1stラウンド 3位 2ndラウンド 5位 総合成績で 4位 と言う考えてもいなかった結果を残すことが出来ました。

c0123385_1834667.jpg

c0123385_184250.jpg

[PR]
# by madpro | 2009-05-04 18:05 | 南中一樹